コアラのハンモック
2017年 子育て経験を少しずつキャリアに
12時間睡眠
もとぷーは2歳児クラスに入って早、半年。
当初お話が通じなかったお友達もだんだんコミュニケーションが取れるようになり、
もとぷーはクラス全員の名前を覚え、今日は誰が休みだったか、教えてくれるようになりました。
けれど、もったりしている体型とキャラクターは相変わらず。

帰りの自転車の後ろでほとんど寝てしまうんですが、
寝ないときが困りもの、、、夕方に寝てしまうと、晩ご飯やお風呂をすっとばして、朝5時起床でトイレ。

それを2サイクル。
木曜日、金曜日で迎えた土曜日の朝(笑)
2日間、お風呂入ってないわ。
今からシャワーに入れます!!

スポンサーサイト
いつぶり?
お久しぶりです。
相当更新していなかったブログです。
忙しかったわけではないのですが、、、
ブログで吐きたいことがなくなったことが最大の原因かも?
それって、リア充??

ってことではないんですよね。残念ながら。
話を聞いてくれるLINEママ友や一緒にランチしてくれるママ友がいて、
吐きどころが変わったということですかね。

悩みの種類も、ブログでは書きにくい内容に変化しているかもしれない。。。
察して下さい、、、女の集まる職場、一筋縄では行きません(笑)
2017年 夏
8月ももうすぐ終わり。
ようやく夏休みが終わり、、、幼稚園組約1名はまだおりますが。。。
ちょっとホッとしますね。

今夏は夫が6月末から出張に出ていたため、早々と7月末から福島帰省。
とその前に、義妹の住む鎌倉に2泊もさせて頂いて、天気は微妙だったけど、江ノ島&鎌倉観光しちゃった!
そして、なかやんさんとも横浜で再会。

10年ぶりの横浜〜鎌倉と、いろいろ綺麗になっていましたが、鎌倉の小町通りなんかは雰囲気そのまま。
江の電もそのまま。
嬉しい楽しい夏休みの1ページでした☆

福島では両親と弟といわきに1泊。
地味に県内観光だけど、内陸の福島市内からしたら、浜のいわきは県外レベル(笑)
南国の雰囲気と小名浜の開発著しい感じ、、、良かったです!

新しくおっきなイオンモールがどーん!とできるみたい。
なんかもう流行んないんじゃない?って思ってしまうけれど、浜にイオンモールあったら、津波のとき避難場所になるし、なんとなく安心感。ありですね!

静岡では珍しい地域の盆行事が見れたし、なかなか充実した夏休みでした。

盆明けから土曜勤務再開。
なんかいろいろボケてて凹みますが、人間には順応期間が必要(笑)
大切なのは失敗したとき素直に謝って、人間関係(信頼関係)をキープすることやね!
がんばろー!
あと?さき?フルーツヨーグルト
うちの子どもらが通う小学校は、給食がキャンセルになったり?すると、取り過ぎた給食費分をフルーツの缶詰で返還してくれます。昨日、2人が持ち帰ったフルーツの缶詰、朝ごはんにヨーグルトを混ぜて、フルーツヨーグルトとして食べることに。
3つに分けて、ご飯の後にね!って当然ですが、、、

基本、もとぷーは我慢できないから、先に食べちゃって、、、
で、それを横目に、時間が経ってから、自慢げに食べようとするミッキー。

ミッキー: 楽しみは後に取っておく、わーいわーい!走って行っちゃうよ〜ばいばい♡(ヨーグルトを持って嬉しそう)
もとぷー; 幸せ、お先に〜♡

なんとも素敵な返し。
3歳児の返しとしては、ファインプレー!
ファミリーサポート
4月に入り、仕事はセーブしておりますが、新しく受けた仕事もあります。
以前から会員(両方会員といって、サービスを受ける側と利用する側の両方を登録している)になっていたファミリーサポート。
救急救命講習会などには参加していましたが、実際に仕事を引き受ける機会には恵まれず。

ちょうど引越しを決めた頃に依頼が来て、ある幼児さんのお迎えとその後のお預かり(夕食含む)を担当することになりました。
とはいえ、まだ月1回ペース。
その幼児さんはこれまでも別のファミサポさんにお預かりしてもらっているので、その方の都合が合わないときに、私が引き受ける形です。(そのサポーターさんも別の保育園でボランティアされている方とか聞いてます。)

お迎え以後は家事で目を離したりできないので、お迎え前に夕食の支度はしておいて、もとぷー連れながら、一緒にお迎え。
サポート対象のお子さんの月齢によっては、自分の子と一緒に〜なんて難しいですが、幸い3歳児で良い子ちゃんなので。
(ええまぁ、そもそもミッキー的な男児だとしたら、目が離せないので、引き受けるかどうかも悩むところですよ)

私のサポート内容はたいしたことないですが、保育園+ファミサポで働くママさんのたくましさと、それに応じてママの帰りを待つ子どものたくましさと。実家から離れていたり、実家には頼れなかったり、、、そんなママさんにとっては保育園でさえもサポートが足りないんだよなー、と実感します。

こういう需要が沢山あるとしたら、保育園で働くことにこだわらなくても良いのかな?と思ったりも。
とにかくできる範囲のことで少しずつですが、私も新しい経験を積んでいきたいと思います。