コアラのハンモック
2017年 子育て経験を少しずつキャリアに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
筍の季節に
入学式が済んでから、渡された書類がやまほどあり、必死に書いて提出。
幼稚園もいろいろあるけど、とにかく初年度というのは、調書系が多くて大変。

ようやく登校も数日が過ぎた金曜日、夫の叔父が亡くなったという知らせ。

まだ65歳という若さ、しかも、年末に90歳を超えたおばあちゃんが倒れ、そっちの心配やら、介護やらで実家は忙しくしていたので、あまりに突然の不幸だった。

独り身だった叔父さんなので、最後は賑やかに…と、週末は通夜とお葬式に一家5人で出席。厳かな場面もなんだか落ち着かない状態ではあったものの、それはそれで子ども好きの叔父さんには悪くなかったはず。

叔父さん、敷地の竹やぶで筍を掘ろうとしたときに亡くなったらしい。

筍を見るたびに、叔父さんのことが話題に。筍の季節になったら、叔父さんのことを思い出して偲びたいと思います。
スポンサーサイト
ネオパーサ浜松
静岡では義妹2人も実家で合流。
(今年のお盆はみんなバラバラ帰省なので…顔が見れてよかったね)
義妹(長女)が高円寺でかわいいドーナツ買ってくる!とか言っていたので、こちらも対抗意識で「うなぎのぼりエクレア」を用意。
(ってか、たまたま面白いものないかなーって見つけただけ)
かわいくない家康グッズとか、ブームが過ぎたようなピアノグッズもいろいろありましたよ。

写真(16)

このネコドは高円寺のフロレスタに生息しているらしい。

うなぎのぼりエクレアはネオパーサ浜松(上りSA)のケーキ屋さんにいるよ。
父娘ふたり旅
パパが親戚会合(?)に出るため、週末は静岡へ。
この花粉症の季節に静岡に近づくなんて…しかも、ネコアレルギーもあるし、絶対イヤ!
ということで、パパがまゆだけ連れて行きました。

初めてのママ離れ旅行です。
大丈夫かな~?

私が両親から離れてじじ・ばばと東京へ1泊旅行に行ったのが、2歳半のとき。
それに比べたらね~へっちゃらよね?
静岡年始まとめ
1日静岡に到着すると、義妹夫婦も同日着。
にぎやかに宴会×1日~4日。食った~飲んだ~食った~飲んだ~。
朝もゆっくりだったので、気が付くと昼ごはん、気が付くと晩ごはん。

--------------

3日は南三陸町で働く(&島田に嫁いだ)宮城県職員の大学同期と会う。
歌津のばあちゃんレシピ かりんとん」他、南三陸のあなご、ワカメなどなど頂く。
かりんとん、やさしい甘さとかりかりとした(板状のかりんとう)歯ごたえがおいしかった。
ゴマの風味も♪

お義母さんが疲れているのに、手作りケーキを焼いてくれて、なんだか誕生会のような雰囲気に。

6月に3人目が生まれるっていうんで、おめでとー!!
妊婦さんの幸せオーラを分けてもらいました☆

---------------

4日目はベルリンから帰省中のじんさんと再会。
新しく島田駅前にできたという「こども館」へ♪
ボーネルンドのおもちゃがたくさん入っているインドアプレイグラウンド。
年始早々、ファミリーで混雑していました。
2時間・完全入れ替え制で、市民100円、市外200円。(こども半額)
それでも十分安いし、未就園児は無料なので、親の分だけ。
公共施設でこれだけの規模っていうのは、初めて見た…。島田、イイネ!

ビルのワンフロア全部なので、結構広く、子供たちは点々バラバラに遊んでいたので…あまりおしゃべりしている時間がなかったような(?)

近くのおそば屋さんでランチ。
わが方は大人2人前+子供ランチ2人前。
じんさんは大人1人+子供2人なのだけど、注文は大人3人前。

食べつくしためいちゃん、「ママ、足りない。何か出してー」と訴える。
それは大きく成長するはずです。。。
生まれは2日違いですが、めいちゃん…日本人の小学生サイズです。
某所で、一緒にいた小学生が「なんで字が読めないのよ!」って突っ込んできたらしい。
いや、無理ですよ。4歳児だもん。しかも…普段はベルリン暮らし。

--------
5-6日はパパが東京出張。義妹夫婦も去り…
自分で運転してアピタに行ったり、再びじんさんと公園で遊んだりしました。
お天気がいい日は公園にかぎりますな。
とってもリフレッシュになりました♪

6日夜、東京帰りのパパと新幹線で待ち合わせて帰宅。
おお~京都。
とっても久しぶり。
そしてなんだかとっても都会に思える…(笑)

やれやれ8日から幼稚園開始(始業式の日だけ午前保育)。
そんなの素敵。オーストラリアの学校も先生が勤務開始した翌日から始業だった気がする~。
日本平ホテル

土曜日、4時間かけて静岡までやって来ました。
リニューアルオープンした日本平ホテルに泊まってます。
偉くハイセンスな宿に変わってしまい、部屋から見える景色は大パノラマです。
どの客室からも同じ方向の眺めが楽しめるように作ったみたい。

かつてお庭にあった将軍の住む池は埋め立てられ、華麗なる一族のロケセットの跡は無くなってしまったー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。