コアラのハンモック
2017年 子育て経験を少しずつキャリアに
ファミリーサポート
4月に入り、仕事はセーブしておりますが、新しく受けた仕事もあります。
以前から会員(両方会員といって、サービスを受ける側と利用する側の両方を登録している)になっていたファミリーサポート。
救急救命講習会などには参加していましたが、実際に仕事を引き受ける機会には恵まれず。

ちょうど引越しを決めた頃に依頼が来て、ある幼児さんのお迎えとその後のお預かり(夕食含む)を担当することになりました。
とはいえ、まだ月1回ペース。
その幼児さんはこれまでも別のファミサポさんにお預かりしてもらっているので、その方の都合が合わないときに、私が引き受ける形です。(そのサポーターさんも別の保育園でボランティアされている方とか聞いてます。)

お迎え以後は家事で目を離したりできないので、お迎え前に夕食の支度はしておいて、もとぷー連れながら、一緒にお迎え。
サポート対象のお子さんの月齢によっては、自分の子と一緒に〜なんて難しいですが、幸い3歳児で良い子ちゃんなので。
(ええまぁ、そもそもミッキー的な男児だとしたら、目が離せないので、引き受けるかどうかも悩むところですよ)

私のサポート内容はたいしたことないですが、保育園+ファミサポで働くママさんのたくましさと、それに応じてママの帰りを待つ子どものたくましさと。実家から離れていたり、実家には頼れなかったり、、、そんなママさんにとっては保育園でさえもサポートが足りないんだよなー、と実感します。

こういう需要が沢山あるとしたら、保育園で働くことにこだわらなくても良いのかな?と思ったりも。
とにかくできる範囲のことで少しずつですが、私も新しい経験を積んでいきたいと思います。
スポンサーサイト
引越し
なんだかブログ終了したかと思うくらい、更新されていませんでしたね。
新年度になり、マンションを住み替えし、もとぷーは保育園から幼稚園の2歳児クラスに転園させ、仕事はセーブすることにしました。
仕事をセーブしたとはいえ、また新しいことを試しまくる日々です。
相変わらずです。
けれど、そういうチャレンジングな環境の方が飽きっぽい自分にはきっと合ってる(笑)
幸いこの月末はお天気に恵まれ、引越し日和となりそうです。

超近距離引越しなので、地元の引越業者さんに頼み、2トントラック一台分以外は自力です。
夫も私も今年40歳を迎えますので、無理のない日程で、月末3日間かけて引越し作業をします。
3学期が始まりまして
今日から京都市内も3学期が始まりまして。
小学校は2学期制(大学みたい)になっているので、今日から給食あり、6限あり、です。

さて、週末、そろそろ宿題とか学校に行く準備しておいてねーって声かけしていたはずなんですが、やりたいことばっかりに熱中するまゆさん。全く話しを聞いても行動に移さず。お手伝いなんて、宿題の生活目標に書くはずだったのに、何もやってない。。。
(ちなみに、ドリルの類いは帰省の前にすべて終わらせて、○付け済み)

年始からはそろばん特訓で、私に言われるがままに、3日からほぼ毎日そろばん行って、スイミングにも行って、、、
と、新年になってまじめに過ごしていたように見えましたが。

疲れからか日曜日にダウンして、発熱して、冬休み最終日は布団で過ごし、、、
夜になって「熱が下がったら、明日は学校だよ」と準備を促すと、冬休みの間ずっと忘れていたらしい「九九カード&お手伝いチェック表」なるものが出て来ました。夜21時半のことです。

ってか、これって?
23日からスタートしているはずの、毎日の日課。まるでやってない。手伝いなんてほとんどやってない。
嘘は書けないし、サインもできない。
ってか、まじでやってないんだから、どうにもならん!

パパとママ両方から責められたまゆは、言い訳にもならない言い訳を一生懸命訴えるのだが。

だとしても、もう少し早く出せなかった???
(小学2年生の鞄を確認するのは親の仕事かもしれないが)

パパ「おれはこういう日課は親が厳しかったし、ちゃんとやった」
ママ「私は親が全く放任だったから、自分でちゃんとやってた」

で?この娘、どうしたもんでしょう?
嘘は書けないので、先生に正直に言って、恥かいて来い。

全くこの母にして、この娘あり、、、だとは思いますが、せっかくの大失敗なんで、しっかり反省してもらうためにも、
(連絡帳で先生に謝っておきましたが)空欄ずくしのチェック表を提出させました。

先生には本当に申し訳ない、、、丸投げみたいな(笑)

まゆでこんなんだったら、来年のミッキーはどうなるんでしょう?
やれやれ。
お仕事元年
お仕事元年の2016も早師走。
思えば、どっきどきで保育園に足を踏み入れたのは去年の師走の最後の土曜日でした。
あれからもう1年が経とうとしております。。。

平日勤務に入るようになり、私の場合、フリーで0歳1歳2歳の3つのクラスに入る機会があったので、幅広く先生たちと関わることができました。大抵は常勤のキャリアを積んだ若い先生がリーダーで、そこにキャリアの浅い常勤の先生とパートが1人か2人というチームです。

園児それぞれのキャラクターや注意点など毎回教えてもらって、実際に関わって、かなり特徴はつかんでいるつもり。
だけれども、それにどう対応するかは、、、まだまだ手探り。
家にかえって反省したり(本当は他の先生に相談したいけど、私だけ早く上がるから聞けず)、書籍に頼ったり、、、

朝から晩までのシフトに付けない今の状態では、お母さんの顔もわからないし、一緒に子育てする形、、、にはならない。
そんでもって、保育に関わることで、自分の子育てについても反省する機会もおのずと増え。
自分の子に対してやらなければならないこと、も見えてくる。

保育の仕事はもっと積み上げていきたいが、それで家(育児)のことがおろそかになっては本末転倒。
実際、パート(時給)の働き方で子ども3人の保育料やら学童料やら積み上げていくと、自分の負担と重ね合わせて、、、全然割りに合わない。

来年がっつり働いたとしても、小規模園からの転園でまた3歳の壁がやってくる。
来年はミッキーが新1年生で何かとサポートを必要とする1年。

ああ、、、分かっていたけれど、相変わらず悩ましい子育て問題に直面中。
今はもとぷーを幼稚園の2歳児クラスに入園させ、その保育時間に働ける形を模索しています、、、
その時間内であれば、上の小学生2人にも影響が少ないので。

一番痛いのが、その時間帯での勤務と保育士の勤務が噛み合ないこと(笑)
わかっちゃいるけど、、、けど、自分のライフスタイルの枠を決めて、あとは私に仕事が振ってくるか、来ないか。

それもまた縁(?)と思って、割り切る気持ちでいます。
再来年は幼稚園の預かり保育も確保できるので(そういう園を選択しました)。
いろいろありすぎて
>>続きを読む