コアラのハンモック
2017年 子育て経験を少しずつキャリアに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公園デビュー
もとぷー、2歳も目前になってから、やっと公園でまともに遊べる身体能力になってきました。
寒い日はこちらが遠慮、、、状態ですが、暖かい日は自転車で月齢に最適と思われる公園を選んで連れて行きます。
(ちなみに、パートではどんなに寒くても、雨以外は園庭に出るので、ババシャツ着込んで外遊びガッツリ。
終わる頃には手がかじかんで感覚がなくなりますねー、笑。
当然、子どもたちも寒いからおしっこ間に合わない。。。これはもうしょうがないなぁ。)

いい公園、あんまり選択肢がないんですけどね。
3人丸ごと行こうとすると、路駐やら駐車場代やら気にすることが増えるので、やっぱり自転車がグー。
4月からはもう平日に公園なんて行かなくなるだろうし、今のうちにいっぱい連れて行きましょ。

お気に入りは東公園、混んでもいないし、ママ一人子一人のコンビが多いので、絡み易いし。
今日は場所を変えて、楽園へ行って来ました。ちょうど2歳前後のキッズが多いので、お互い絡むのが面白い。
意外にだんごになって集うので、ママさんたちとお話もできたり。

この子、3人目です。っていうと、ママさんたちが、わわわ!な顔をしてくれますが、こちらはもう図太いおばはんなんで、
気にせずに話す(笑)
それにしても、もとぷーと比較すると、みなさんすばしっこく、走りが軽やか♪

そんな活発感ゼロのもとぷーですが、興味を持つことに関してはイノシシです。
キッチンに入りたくてしょうがないもとぷーは最近、ベビーゲートの下側が(緩いので)突破できることに気付きました。
下側のつっぱりを引っ張って、ゲートを外して侵入。
えらい面倒臭いことになりました。

それと、言葉の発達。
これはあまり動かない分、脳みそフル稼働なのか。
やはり食べたいものを手にするには、発言第一!と思っているのか。

ごはん、パンはもちろん、ブーブーいっぱい、パパきた、など2語も登場。
こうやって、こうやって、、、とか、かして、かして、、、とか。

ベルトを外して欲しいとき、来て欲しいときはココ!と指図するし、偉い生意気な1歳児になりました。
本も好きで読み聞かせが必然的に多いのですが、今日は試しにリンゴが分かるかどうか聞いてみた。
そしたら、リンゴ!と答えられたので、感心してむちゃくちゃほめておきました。
大げさに褒める!は重要です(笑)

人を笑わせることにも興味が出てきたらしく、物を食べながら目を細めて白目むいたりして、変顔で笑かしてくれます。
ここら辺は姉と兄の仲間に入れてもらうには重要はテクニックなので、早いですね。。。

運動おんちはさておき、さすが3人目!というところでしょうね。
スポンサーサイト
おばあちゃんになるの?
いよいよ断乳の日取りが決まった。
6月下旬に決行だ。

例の母乳マッサージの助産師さんには、今からもとぷーに止める話をしておいて!と言われている。

早速、授乳のとき、6月になったら、おっぱいとバイバイしようね!と話した。

それを聞いていたミッキー…
ママはおばあちゃんになるの??

いや、、、どういう意味?

だって、ママ、おっぱいなくなるんだよね? そしたら、おばあちゃんになる。

(笑)
確かに、実質ばあちゃんになるかもね。
おっぱいは用無し。

ははは。
ミッキーの反応が面白い。
1歳になりました!
今日でもとぷー1歳になりました。
10ヶ月過ぎたあたりから、はいはいできそうでできない(笑)
4ヶ月の寝返りから、どんどん太って、以来、寝返りも忘れ、できなくなった。おーい!

しかし、ワープ範囲は広がっている。
不思議にいつの間にか移動している、はいはいできない1歳児、もとぷー。

しゃべりの方は意図的かどうか不明だけど、かなりしゃべってる。
〜ちゃった!とかうんち!とか。
うんち!はかなりクリアだけど、うんちしたわけでも、したいわけでもない。
ミッキーがうんち!って大声でトイレに向かうから、そのせいなんだろうか??

食い意地だけは一丁前なので、○○食べる?とかおっぱい?とか食い系の文脈はすぐに理解する。
目がキラリん!!となります。。。

さて今日は何でお祝いしようか。
弟がたこ焼き器をプレゼントしてくれたので、たこ焼き。具は1歳向けに。
スポンジケーキは昨日焼いたので、豆乳クリームとイチゴとみかんでデコりたいと思います。

3人目ともなると、プレゼントは何にしよう?
ブロックも積み木もボールもあるし。
でも3人目だけに、1歳の誕生日プレゼントくらいはちゃんと記念になるものをあげたい,,,ですよね?(笑)
母乳トラブル
一度診てもらおうと電話して、はや2回目。毎回親切に電話相談を受けて下さる病院の助産師さん。

しかし、お金のかかることだからか、母乳トラブルは解決が難しいせいか、白斑では特にできることがないし、絞って治る訳ではないから、、、とやんわりと自己解決を促されました。

乳腺炎でパンパンに張ってます、、、熱が出そうです、というレベルなら意味があるのですが。

私の現状はかなり微妙で。

あーん。
こんなことならやめてしまいたい母乳育児!けれどこのコンディションでやめると、後からしこりになってしまうorz

とにかくもとぷーに頑張って貰い、トラブル解消したところで断乳にしたい。
切実な思い(つД`)ノ

日本のスゴ技
もとぷーもうすぐ5か月…母乳は順調…でもなく、新生児ばりの授乳間隔でかなり疲れていた。
先週末、マックでチキンバーガーを食べ、子供たちのポテトを食べ…その週はランチにも揚げ物を何回か摂っていた。
そして金曜日の夜は涼しくなったので、久しぶりに揚げ物を作る気になった。
ササミカツを揚げて、もりもりごはんを平らげた。
(週明けすぐに顔にニキビができたのに、胸は何でもないから大丈夫だと思ってました)

翌朝、もとぷーの授乳に疲れて、最後は添い乳にした。
ちょっと痛かったけど、体勢が悪いせいかと思って寝た。

起きてしばらくして、朝食後くらいに胸の張りに気付く…堅い…とりあえず、頻回授乳で取れないかな??と思ってトライするも、取れず。よくよく見たら、さきっちょに白っぽい粒が出来ていて、そこに膜が張っていて母乳が出て来れない。
んー?これはいわゆる乳腺炎??になるかもーな状況なのかしら?
けど、今までちょっとくらいのつまりは何とか解消してきたし、まさか大丈夫でしょう・・・。
しばらく様子を見ているうちに、お昼を回って、14時。

ネットでいろいろ調べてみると、これは乳腺炎の前兆というか、同じ状況の人はもれなくお熱に移行してるっぽい。
やっぱり病院か何か、そうだ!桶谷式のマッサージで絞ってもらえないか?近くにないか?
調べてみると、車で20分ほどのところにあるではないか。
電話してみよう。開院時間は15時までだけど、受け入れてもらえるかも?っていうか、もらわなければ、まずい。
電話してみると、幸い、いますぐ来れるなら時間外で対応してくれる、というので、もとぷー連れてGO!!

「助産院」の看板を掲げるその母乳相談室はお座敷の大広間のようなところ。
少しコンサルテーションを受けた後に早速診てもらう。

「あーこの先端の白いの、白斑っていうんですけどね、これが乳腺を閉じていて。これが出来ちゃうレベルっていうと、結構、まずいんです。これが破れて、母乳が出てくれるといいんですけどね。しこり、もうプレートになっちゃってますね。」
(心の中は針で刺してもいいから、出してくれ~って気持ちでした。熱で倒れたら、家の中がまわりません・・・)

しばらくマッサージを受けると、白斑開通(おめでとう!!)
大変なご苦労をおかけして、プレートも無事に母乳となって出てきてくれました。
そして、手技を受けた後の自分の胸が、まるでマシュマロではないですか?
ここはエステですか?くらいの変化です。
しかし、ダメージは大きいので、しこりが取れても乳腺炎による高熱のリスクは付きまとうとのこと。

マッサージの後、これまでの母乳不足やら、もとぷーの頻回授乳やら、一通りお話すると、
「それって、この子の上唇や舌の短さもあって、すぐに疲れるのも一因。このくらいの月齢になると、味の変化にも敏感なので、最初のおいしいお乳だけ飲んで、後半の脂肪分の高いものを嫌がっている可能性があります。その結果、腹持ちが悪くて、頻回授乳になります。お母さんのお乳は十分出ているので、それが原因じゃないでしょうか?」

これまでの「~かな?」という自分の理解はどうも誤解ばかりだったようです。残念なことに。
人生初(3人目にして初)のマッサージを受けて、早く経験しておくべきだったなと思いました。
悩んでいるより、まず相談だった・・・。相談というか、実際に手技を受けて、お乳の状態を正しく理解しないことには。

全国に100か所くらいあるらしい桶谷式の母乳相談室
これまで母乳信仰の拠点(?)のように思ってて、一人目のときに本だけ読ませてもらったくらいで、実際に行く機会はなく。母乳でトラブったら、母乳外来に行けばいいやと思っていたのだけど。
本当に日本の伝統?生きるための技というか、すごいなーと感動しました。

そして、その助産師さん(お二人いるうちの若い助産師さん)、福島県伊達市のセイントクリニックで研修を受けた方で。
ちょっと福島つながり♡なこともあり、嬉しくなりました。

今回受けたのは、あくまで応急処置なので、週明けにもう一度やってもらうことに。
帰宅後はお風呂に入らず(胸を温めると、血流がよくなっているためにまた詰まる)、まだ爆弾を抱えているような状態なので、日曜日に熱が出るかもしれないから用心するようにと念を押されました。

熱が出てしまうと、乳腺炎ということでマッサージができない状態になるので、熱が出る前までなら手技を受けられるそうです。今回の私のように手遅れにならないためにも・・・気付いたら、まず相談してみることが大事のようです。

マッサージだけでなく、育児相談にのってもらいながらという落ち着いた空間なので、こんな助産師さんが近くにいてくれたら、ママの強い味方ですね~。
感動冷めやらぬ・・・というか、まだ全然問題解決になってない状態のまま、ご報告でした。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。