コアラのハンモック
2017年 子育て経験を少しずつキャリアに
いちご狩りの失態

ばぁばがいちご狩りに連れてきてくれました。
夢中になりすぎ、おもらししました。。。
スポンサーサイト
はなかっぱ
今日は義妹が来ているので、久しぶりに天神へ。
万結さん、慣れてない場所に来たせいかすぐに疲れてしまい、帰りの電車で寝てしまいました。

最近は万結さんのいたずらも高度化しました。
かわいいお花のフェルトのコースター。
こんな使い方もあるんですね。

DSC_0184_640.jpg

ミッキー:(えっ!何これ?)
万結: 「はなかっぱ!ガハハハハ…!!!」

DSC_0186_640.jpg

ミッキー:(やだよ、ボク。。。)

DSC_0188_640_20110420165410.jpg

万結: 「ミッキー、かわいい~!」
ミッキー: (楽しんでるのは、お姉ちゃんだけじゃんっ!!)

はなかっぱ
NHK教育のなにげに人気のアニメ。
かっぱの頭から毎回さまざまな植物が出てきます。
笑顔
福岡に戻ってからもニュースが気がかりで、あまりちゃんとミッキーに話しかけをしてませんでした。
ばぁばに「ミッキーはもう笑うようになったかい?」と聞かれ、どきっ!!
万結の写真を見て確認すると、2カ月目に入る前から笑顔を見せていました。

ちゃんと目を見て話しかけないと…と数日力を入れてみた。
そしたら、

DSC_0124_640.jpg

ちゃんと笑顔を見せてくれました。
2カ月と1週間、経ってしまいました…。

DSC_0171_640.jpg

全然余裕がない!って、育児を手抜きしてはいけませんな。
特に話かけって、一番大切なことだった。

子供は裏切らないなぁ。
----

今日は日本列島お天気が荒れ模様らしいが、福岡は晴れてます♪
万結が「とことこ連れてけ~」ってうるさいので、13時過ぎに出発。
駐車場に着いて振り返ると、すでに撃沈。
あ…二人とも寝てるし、もったいないからそのまま帰宅。
それぞれ担いで、静かな午後。

明日から義妹が来ます。
そのまま数日後から静岡に行きます。
パパはカンボジアに出張だとさ。
この時期、暑期でハイパーに暑いと思う…途上国慣れしていないパパが心配です。
(私がタイにいるときに一度会いに来ましたが、1週間ずっとお腹を下してました)
風邪。
ようやく子どもたちの風邪が治りました。
まだミッキーは少し咳が出るけど、夜はちゃんと寝てくれてます。
一体、何のウィルス/菌だったのか。
5回くらい小児科に通ってしまったよ。
乳児医療証があるけど、医療費がタダって、なんか軽症だと罪悪感。
スミマセン。

復興税、ちゃんと被災地の復興に使ってくれるなら多いに結構。
(でも、手広く子ども手当を廃止するのはちょっと違う気がする。)
ないそで振って、将来の子供たちに借金を残すことだけは避けたい。
原発も借金も残す?

ここでちゃんと考えて、真に豊かな日本を残すべきだよなぁ。

ところで今日からjin(ドラマの完結編)が始まる。
テーマは絆。
期待してます。
月齢誕生日(2カ月)
今日でミッキーが2カ月になりました。
短かったような、長かったような。
本当にこの1カ月にいろんなことがあって。

万結が風邪をひいて、うつって。
小児科にも何度も連れて行ってしまいました。
薬を少しずつ処方する小児科は良い医者だと思うのですが、ちびを連れて何度もお薬をもらいにいくのも気が引ける。2人目って、あまり繊細な気遣いをしてあげられないもんなんだなぁ…。
1人目とはえらい違いだ。強くなるしかないよなぁ。

DSC_0103_640.jpg
オーストラリア政府の支援サイト
オーストラリア政府が、日本への援助の仕方をわかりやすく提案しているサイトができたそうですね!
やることはやいっす。
(けど、アクセス集中してるのか、つながりにくい…)

Australians Helping Japan (オーストラリア政府による「東日本大震災支援」に関する情報提供サイト)
引き続き
万結さん、熱の後は下痢。
そして、今日は吐き気も。
午前中、小児科へ行った時には吐き気はなかったのに、午後から(薬の副作用かな?)大騒ぎ。
抱っこもダメ。
泣いて咳をして、もう手を付けられない…一方、ミッキーもいつも通り赤子泣き。
二人同時に泣かれると、イライラも最高潮に。
さすがに自分も泣きたくなった。。。

しかし、吐き気を訴えて泣いてた万結が背中をさすっているうちに寝てしまった。
その間に私とミッキーも充電1時間。

今、二人して静かに昼寝しているので、一気にブログを書いている次第です。

体調が悪いときの2歳児は手に負えません。

日曜日に鼻水垂らしてた万結を「潮干狩り」に連れてった夫を恨んでます。
今後絶対行かせません!!!!
数々の地震を乗り越えて
最近、NHKで九州・沖縄地域の地震(それに伴う津波)をレビューする特番が放送されていた。
過去に(江戸時代に)起きた宝永の大地震もまた連動型の地震で、大きな津波を起していた。
そのレベルをしっかり想定して防災すれば、「想定外」などとして今回のような大被害から免れることができよう、という趣旨の内容。
東日本大震災は未曽有の被害をもたらしたことは事実だけれど、歴史を振り返ってみれば、同型の大地震を日本人は経験し、乗り越えてきたのだ。
デマに惑わされるママたち
昨日、会った同じ宿舎の友人が「4月6日に九州で放射性物質が飛散する」と言って子供にマスクをさせたという。
どうやら、ドイツやノルウェーの予測データに煽られた結果らしい。
ネットでいろいろ見ちゃって不安増大。

うちの夫に確認すると、それ大気中のどこの層かが問題じゃない?と。

私も文科省のモニタリングデータ(今日からだいぶ見やすく表示されるようになってます!)
を確認したけど、九州地方で平常値超えなんてないし。

ってか、ここでビビっていたら、東北の人はどうなっちゃうわけ?
関東の人たちはどうなっちゃうわけ?
----

今朝、母に電話すると、
「4月6日に大きな地震が起こるってウワサが。年老いたばあさんたちまで知ってたよ。」と。

あの…その予測した人、その能力、なぜ3・11に使えなかった?
そんな予測ができるなら苦労はない。


みんな不安を抱えても、現実に立ち向かおうとしてる。
平常通りに暮らそうとしてる。
なのに、同じ日本人の中にそれをかき乱すヤツがいる。
心乱されてしまう残念な人たちがいる。

デマに惑わされるなー。
データを正しく理解する力を持つこと、今、日本人にも求められていることの一つだ。
何のウィルス?
先週から万結が鼻風邪。みっきーにもうつり、鼻水。
万結にはアンパンマンの市販風邪薬を飲ませていたが、みっきーは心配なので小児科へ。
みっきーはいわゆる風邪の症状まで出ていないので、ほとんど心配なし。

ところが、受診した日の午後から万結が発熱。38.6度もあったので、元気なうちに小児科へ(そこで39度)。
でも、発熱後早すぎても何もできないらしく…でも、ヒブやインフルエンザの予防接種をしてあるから、ヤバい病気の可能性は低いって。

解熱剤で一旦熱が下がったものの、夜中には再び上昇。39度6分。
こんなに熱が出たのは、昨年の夏以来のこと。
とっても心配になりました。
大きくなったとはいえ、まだ2歳児。
あー同じ心配をみっきーでもう一巡するのね。。。

朝になって、熱は下がり37度台。ふぅ。
絵本ナビで支援
以前、「絵本ナビ」で絵本の感想文を書き、貯めたポイント。
震災後、そのポイントを義援金にならないか、と事務局にメールしておきました。
絵本を被災地に送りたい、送ろうぜとも。

そんな声が多かったようで、めでたく実現!
事務局の皆さん、ありがとう☆

早速、ポイントは義援金へ。
さらに商品を購入すると1%は寄付に。
他にも素敵な企画やってます!
本に興味がなくても、レアなキャラクター商品などを扱っているので、ぜひのぞいてみてね!

絵本エイド~こころにひかりを~ 東日本大震災支援プロジェクト

参考まで。
4月

ようやく悪夢の3月から月が切り替わりました。
福岡では桜が咲いてます。しかし、とても花見の気分ではありません。
卒業式も入学式もままならない子供たちがいることを思うと。
青空教室だっていいじゃない?と思ってみたけど、寒くて無理だよなぁ。学校は避難所だし、校庭も使える場所は限られてるんだろうな。なにか打開策はないか。こればかりはローカルで工夫するしかない。使え施設はすべて活用して。

さて、みっきーもあと10日で二ヶ月になる。私が腕枕して添い寝してるせいか?頭の形が、、、気になる。