コアラのハンモック
2017年 子育て経験を少しずつキャリアに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トモダチ
三連休はうれしいけれど、平日がものすごい忙しくなってる…。のは気のせい??

昨日は福島から沖縄に移住を決めた渡利小学校時代の同級生(カップル)が、ワンちゃんとともに我が家に立ち寄ってくれました。

福島から車で旅をしながら沖縄へ。
これまで仕事に追われる毎日を過ごしてきて、震災を機に両親らのいる故郷を離れることを決断、新婚旅行も行ってなかったので、2~3週間かけて本州を縦断、四国・九州をめぐり、フェリーで沖縄へ向かうそうです。

CIMG2048.jpg

その貴重な一日を我が家で過ごす。
お昼はインドカレー屋さんでランチして、海に行って散歩して、晩御飯を作って食べて、お風呂に入って。
まゆも一緒に入れてもらいました。

た~くさん遊んでもらって、大満足のまゆさんでした。

-------

カップルの奥様の方と私は小学5年のときに初めて同じクラスになり、彼女がスポ少のバレー部に入っていたのをきっかけにバレーボールを始めました。中学で渡利を離れ、高校で再び福島市に戻ってきてからも、別々の高校に通いながらもよく会っていました。

大学に入ってからはぱったりと会うこともなくなりましたが、うちの近所で彼女が美容師として働くようになってからは、またよく声を掛け合う中になりました。私たちの間に入っていたのが、うちの母親。今回、彼女が移住を決めたことも母から聞き、急いで手紙を書いたのでした。「福岡を通るときはうちに立ち寄ってね」と。社交辞令ではなく、いつも通り福岡でも再会できたこと、あーなんか彼女とは縁があるなと実感しました。
お互い全然まめじゃないんだけど、テキトー加減が同じで(笑)、時間が経って再会してもいつも同じ空気が流れる。そんな不思議なトモダチです☆

旦那さんの方は小学校時代にほとんど関わりなし。どんなキャラかもしらないまま(笑)けれど、今回会ってみて、めちゃいい人でした。お互いのいいところを認め合っていて、支え合っていて、仲が良くて。
まだ子供はいないけど、理想的な夫婦関係を築いていたわ…うんうん。見習わないとなぁ…。
いやはや、なんて近くに素敵な旦那さんがいたもんだ。

二人が沖縄での新しい生活に早く慣れて、こうのとりが赤ちゃんをプレゼントしてくれますよう。
スポンサーサイト
石巻のサバ缶
金曜日に木の葉モールの「ゆずり葉」というお店に行ったら、レジにラベルのない、金色のカンヅメがバスケットに入れられていた。
「これは売り物か??」と思って、手に取ってみると、「震災で津波被害にあった水産加工会社のサバ缶」で、社員さんが一個一個泥を洗い落としたものだという。

それがコレ。

CIMG2023.jpg

木の屋石巻水産の金華サバの味噌煮」

最近では義援金はちゃんと被災者に届くか怪しいし、なんだかどうやって協力していいのかわからなくなっていた。そんなところで発見した缶詰。売上げは社員さんの給料になると書いてあったので2個購入しました。

この缶詰を丁寧に洗った石巻の社員さんの顔を思い浮かべて…なんか被災地と自分がつながっているような気持ちになれました。

CIMG2025.jpg

サバ味噌は優しいまろやかな味でした。
津波に負けなかったサバ缶。
ありがたし!
パパのいる休日
パパのいる連休、先週に引き続き。
棚田に行った日は、福岡県最高峰(?)の釈迦岳に行きました。
雨量観測所が山頂近くにあり、そこまで車で行くことができました。

CIMG2035.jpg

由布岳、中岳、阿蘇などはもちろん、遠くは有明海や雲仙まで見えちゃうらしい。
(けど、私は方角がよくわからず…形でわかった中岳のみ。

翌日はパパのオリエンテーリング・コース設定のために油山へ行き。

3日目の今日は唐津のちょいと手前にある二丈町の海岸へ。
万結はパパと海辺で遊び、伊都彩々で買ったお弁当を砂だらけにして、帰りに杉能舎という酒蔵?に立ち寄りました。九州大学とコラボしたお酒「九州大吟醸」や地ビール、酒粕ベーグルなどがお店に並んでいました。

CIMG2045.jpg

なんだか看板娘みたい。器の中身は甘酒です。いまだに授乳で禁酒が続いておりますので、泣く泣くノンアルコールです。
(なんっつって、正直言うと、柄にもなく、お酒にはあまり興味がなくなりました。震災のせいですかね。)

そういえば、海岸で地元のおやっさん達が集まる喫茶店に入ったところ、万結はちゃっかりチップスターをおごって頂きました。ごちそうさまでした。

CIMG2044.jpg

看板息子の方は、この3日間、お天気がいい中、車にゆられっぱなしで日焼け=肌荒れ。
かわいそうに、ほっぺが真っ赤です…。私に似て紫外線に弱そうだわ。
棚田の彼岸花

昨日、うきは市にある棚田に彼岸花を見に行きました。真っ赤な彼岸花は黄色×緑の稲穂に映えて美しかったです。
福島 ちょっといい話 ありがとうの連鎖
母から聞かされた「福島発 奥会津のちょっといい話」。

----

今は成田空港で働くとある女性は、かつて仙台空港に勤務していた。
当時の上司にえらく叱られたことがあり、そのことは辛い想い出だった。

震災が起こったとき、仙台でその上司は津波に流された。
彼はなんとか一命は取り留め、かつて部下だったその女性に謝ってきたという。
あのときはすまなかったね、と。
命の危険にさらされ、一命を取り留めたとき、自分の人生を振り返り、部下をひどく叱ってしまったことを悔やんだ。

上司から突然謝られた女性は、自分自身のことを振り返った。
私も何か言い忘れていることがあるのではないか?
女性はかつて旅行訪れた奥会津で、宿泊先が見つからなかったとき、親切に対応してくれた駐在所のお巡りさんを思い出した。
お礼をしようと思っていたのに、そのままになってしまった…。
当時の駐在さんは今、福島で何をしているのだろう?
女性は福島県警に一通の手紙を書いた。そのお巡りさんの所在を教えて下さいと。



その連絡を受けたうちの母、シャイな父に代わってその女性に電話をしたという。
「そんな大したことはしていません。お礼なんていりませんよ。その後、お元気でしたか?」と。
女性と母はその当時を振り返って、いろいろとこれまでの身の上話を交わしたしたよう。

そこで女性は、「当時、女の子が2人いらっしゃいましたよね?」と聞いたらしい。
私と…弟(笑)。
(男の子だけど、マッシュルームカットで、女の子によく間違えられてた。)



普段、私の父は家ではぶっきらぼうで全然頼りにならない父ではありますが(笑)、家の外では「優しい」お巡りさんです。
私にとっても思い出深い会津の駐在所ライフだったから、わざわざ県警に問い合わせてくれたなんて有難い話だし、少し誇らしい気持ちになる、心温まる話でした。

何より、今ある命に感謝して、過去に支えてくれた数々の人たちに「ありがとう」を伝えようという気持ちが素晴らしいと思いました。



「絆」って、そういうことだよね。
今、日本に必要なのは、「絆」だしょ。
そういう人と人との「+」の連鎖でしょう。
ハーフバースデーの記念写真
3連休最終日、スタジオアリスにミッキーのハーフバースデー写真撮影に行ってきました♪
どうしても「化粧まわし」を付けて撮影したかったので、前回七五三で利用したマリオではなく、アリスに行きました。事前にヤフオクで優待券を購入して、それを利用して。

ミッキーはおすわりが苦手。
もう7か月になるので、そうも言ってられないお年頃なのだけど…椅子嫌い。
椅子に座らせるとのけぞって不機嫌になります。

なんとかタキシードを着て万結とのツーショット、そして、まわし付けて一人ショット。
ときたま笑顔になったので、まぁそれなりに良い写真が撮れたかなーと期待しました。

が…時間をあまりかけていないし、祝日のせいか混んでいて他にも何組もいたので、あまりいい写真はありませんでした。(それはそれで、お金をたくさん使わなくて済んだと言えば、済んだ、笑)

予定通りに化粧まわしの1枚と万結とのツーショット1枚の合計2枚を購入。
写真にうるさいパパは、撮影した写真にご不満でたいそうお怒りでした(笑)こんなんじゃ、買う写真がない!だって。されど、時間がかかっていい写真がめちゃ多くて、出費も多くて…という展開でも不満になる人なので、良しとしましょう。

こういうイベントは多少の不満あれど、楽しく過ごすのが鉄則です!
写真は2週間後に出来上がります☆なにはともあれ、できあがりは楽しみです。
どんな表情でもわが子はかわいいもの。うふふ。

------

さて、写真を整理してたら、万結の義妹の結婚式のときの写真が。
そういえば、まだブログにのっけてなかったと思う。
震災前に梁川のママから頂いたドレスは福島においてきてしまい、結局、新しく買ったドレスを着たのでした。

OT_048.jpg

ぼや~んな加工が施されていますね。。。
フルーティーオールフリー

いつもお世話になってます福岡のCO-OPさん。

長いフランスパンのようなあぶらふ。今週のカタログにありました!やった!!注文済み。

東北だけでなく、九州の地場産品もね。大分かぼす果汁100パーセント。
とりあえず、ノンアルコールビールに入れてみた。

おーなんともおされな飲み物になりました☆
古賀氏…やめるなよ。
朝一番、パソコンを開いてびっくり。
あの改革派経産省官僚の古賀氏が辞めるとな。
省内でけむたがられ、閑職に置かれていることを知っていたが、同氏が公務員制度改革を成し遂げぬまま、同省を辞職してしまうのは惜しい。
というか、そういう人材を流出してしまっては、保守派の思う壺ではないか。

だめだめ、そんなん。
枝野氏、容認している場合じゃないよ。
引き留めないと。

世論…が、怖いぞ。
民主党よー大丈夫か??
空気読みましょう。
ミャンマーくん
1日、ミャンマーから一時帰国中のつーくんが遊びに来てくれました。
(つーくんパパは職場の同期でした。)

CIMG2003.jpg


5月に会ったときには、めっちゃママ似でおめめぱっちりやわ~と思っていたのに、今回会ったら、雰囲気がパパ似になっていました。
特に頭?輪郭?まゆげ?あたりがパパに似てきました。
赤ちゃんからだんだん幼児化してきましたね!


そんなかわいいつーくんの近くで、ミッキーは外耳から流血してました…。
はい。ママの怠慢です。
耳のお掃除をおさぼりしていたため、かいかいしちゃったみたい。
この間は足の爪がはがれてたし…(こちらも少し流血)。
二人のお世話を同時にしていると、あれしてこれして、そのあとあれして…と思っているうちに忘れたり、後回しになって、気付くと数日経過していることが多々あります。すみません。

あ、万結の爪も伸びてるんだった…昨日、気付いたのに、まだ何もしてません。

そう、その万結さんは、つーくんの名前よりも、「ミャンマー」の響きが印象に残ったらしく、つーくんが帰ってしまった後には、つーくんのことをミャンマーくんと呼ぶのでした。違うってば。
あぶらふ丼

福岡であぶらふとヤマカノのうまいタレが買える場所を知りたい。

やっと入手した生協のあぶらふ。たぶん、割高。
フランスパンのようなサクサクのあぶらふが販売されますよう。
事の真実がわからない国。。。
日本だけではないんだろうけど、「問題発言」=辞任というのは、この国特有…だと思う。

辞任に追い込まれた鉢呂経産相。
発言が本当だとすれば、とても受け入れがたい人物。
辞任して当然だと思った。

松本復興相の問題発言のときは、それでもCOP10で活躍した人物だとか何とかフォローする内容の報道もあったと思うのだが、今回は全くなかった。

ところが、辞任した途端に、実は鉢呂氏が脱原発派の政治家で、故に推進派の敵として記者クラブに問題発言をでっちあげられて辞任追い込まれてしまったということがささやかれ始めている。

何が真実か?!
もうわけがわかりません。
復興から半年、遅々として復興が進まないこの時期に、問題発言だけが一人歩きして、本人の釈明もないまま、進退がどうこうというのもおかしな話。
一体、何の権力が背後で動いているんでしょう?
問題発言が真意ではないとすれば、なぜ党として大臣を守りきれないんでしょう??
発言した場面のVTRがあるわけでもなし、わざわざ発言の内容を大きくして、むやみに被災者を傷つけることもないだろうに。
こういうのを本当に風評っていうんだろうね。
いじめの空気って、こういうところで生まれるんだよね。
マスコミ、記者のモラルを疑います。

辞めてしまうと、真実はわからず、議論にもなりません。
内閣の安定感を求める気持ちもあり、こういうゴタゴタで復興に遅れるのも御免ですが、なんだか納得がいかない。

「被災者を傷つけた」と言ってはいるが、被災者にかこつけて、被災者不在のところで、足をひっぱり合いしているようにしか見えないけど。
くだらない。
ふくしま新発売@福岡
先日のニュースで大川市の職員の方々が皆でお金を出し合って、福島の桃を大量に購入してくださったとのこと。
静かに一個買って応援するのもいいけれど、みんなでお祭り的に購入して、ニュースになり、それをアピールすることは、福島と大川市と双方にとっていいこと。

ちなみに大川市はこんなところ→大川市観光協会
温かい大川市の人たちに支えられていること、福島でもニュースになったのかな?
双方でニュースにならないと意味ないよね~。福島の放送局さん、よろしく♪


さて、そんなうれしいニュースの後で…

我が家の近くになるアウトレットモール「マリノアシティ福岡」に「ふくしま産品直売店」が新たにオープンする予定だったそう。
それが、10日前になって中止になったんだって。
放射能が怖いって。オープンに反対する意見が殺到したとか。

???
でも、なぜ出店そのものが反対されるの?
なんだか、「いじめ」みたい。その存在、丸ごと否定かよ。
買う買わないは自由。商品を選ぶのも自由。なのになぜ反対されて、中止しなければならないんだろう?

子供がいる家は無理して買わなくてもいい。
協力したい人が買いにいけばいい。
商品だって、23年度産だけじゃなかろう。
震災前に作られた在庫品だってあるんだから、そういう保存食品を買えばいい。

なんで出店そのものが反対されたのか?

中止になってからニュースになり、非常に残念。
「中止になりそう」くらいでニュースを耳にすれば、賛成意見で中止を撤廃することができたかもしれないのに。

反対意見をマリノアに訴えた人たちの心の狭さに悲しくなる。
被災していない側にはまだ「選択肢」がたくさん残されていて、ふくしまの生産農家には選択肢は多くない。
批判の前に、現状に感謝して、受け入れる心を持つことはできないのか??

以前、一日だけ週末にふくしま産品直売会があって、それには行きそびれた。
ニュースになって、HPを確認したら、たったの一日だけだった。
あー残念、知ってたら応援に行ったのに、と思っていた。
おそらくそれが好評だったし、マリノアシティ側のサポートもあっての計画だったろうに。

なんだか京都の送り火の時のことのよう。
けれど、何を燃やすわけでもなし、店にいかなきゃいいだけの話。
いじめだよね?やっぱり。
軍手のパン屋さん
9月に入り1回目の幼稚園のサークル。
テーマは「軍手を使ったクラフト」。

って、なんだろー??と思ったら、結構な大作。

パン屋のメロンパン」に合わせて使う小道具でした♪

CIMG1989.jpg

メロンパンはマジックテープで1個ずつはずれるようになってるよ!


---おまけ---

寝起きでカチューシャの使い方を間違い、ちょっと危ない少年的まゆさん。

CIMG1985.jpg

諸星和己を連想したあなた!私と同世代です(笑)


CIMG1987.jpg

ちょっと涼しくなったので…ちょっと秋めな服を着せたらアセモができた…。
お姉さん、惨事です!
昨夜、21時に就寝したものの、22時過ぎに万結が泣きながら起きだした。
どうしたの?と理由を聞くも、「がー!がー!」と言ってパニック状態。。。
落ち着きなさい!お水飲む?となだめて数分後、おもらし。じょ~…。

で、やれやれとパンツを脱がせたら、コロンコロンとあわ玉サイズのどろだんごが落ちてきた!!

どろだんご…は、リアルにうんちだった。

無言で(うるさかったけど、意味不明)大小のおもらしは反則です…。
トイレに行きたいとか、うんちしたいとか、何か伝える術があるだろうよ、三歳児。

なんかこっちがびっくりして、慌ててどろだんごを半素手で拾ってしまったよ。

昨日はお尻が痛い(痔?)と言って大をしなかったから、ガマンしていたのかもしれない。

久しぶりの夜中の大便であった…。もうこれっきりにしてね。
台風12号
昨日あたりから、福岡の空は台風の影響が出ています。
空の雲が二層になっていて、上層はいつもと変わらぬ動きなのに、下層は思いっきり早く南に進んでました。
お~台風に引っ張られてるーって感じ。

今日は実弟・ともくん(結婚適齢期)が福岡に来る日。
仙台→福岡便がちゃんと運航するかどうか心配でしたが、何とか強風の中、福岡に到着しました。

福島では毎晩「結婚式ごっこ」をさせられていたともくん(彼女募集中)。
万結は少しお姉ちゃんになり、ともくんを見てもそれほどしゃがなかった(笑)
「なーんだ、まゆちゃん、つれないね。」ともくんは少しさみしそうです。
女の子なんてそんなものよ…おじちゃん。

愛想がいいミッキーに乗り換えるそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。