コアラのハンモック
2017年 子育て経験を少しずつキャリアに
DierenPark(動物園)
日曜日は何しよう?と、土曜日が天気予報が外れていいお天気だったので、動物園へ♪
ユトレヒト駅から電車で10~15分、バスで10分ほどのところにあるArmsfoort動物園に。

着いてみると、霧がかってしっとり涼しい園内。さぶっ・・・けど、結構な人。
大人€18ほど。子供は3歳以上で料金がかかります・・・大人とあまり変わらない料金です。

CIMG2544.jpg

入口付近。家族連れはみなさん車でお越しのようで。ベビーカー引き連れてバスを待つのは我々ぐらい。

CIMG2548.jpg

メリーゴーランド発見!中身はお馬さんではなく、動物です。これいいね~しかも€1で乗れちゃう♪
並ばなくても全然乗れる。

CIMG2551.jpg

まだあまり動物園を楽しめないお年頃のミッキー。どこに何がいるか、わかってないもんね?

CIMG2558.jpg


サイ・・・巨大。猛獣より全然迫力ありまっせ。見た目は大人しそうだけど・・・。

途中からDINOSゾーンに突入。林の中にたくさんの恐竜が出現します。
でも、これって・・・ジュラシックパークを林に再現した感じ?

CIMG2563.jpg

どーん!とおっきいのがいますよ。

CIMG2572.jpg

まゆさん、ビビって泣きじゃくる。おうちに帰る~!!ミッキー食べられちゃうよ~!!
って、やんややってるのはまゆさんだけ。オランダ人には奇妙がられる。なぜ、この子は泣いているの??

CIMG2576.jpg

長い恐竜ゾーンを歩き疲れて、次はおおっ!ツノでかっ・・・牛?
バッファローって感じじゃなくて・・・牛。闘牛?


キリンに会いに・・・。というか皆一緒に入れられているみたいだけど、キリンさんには2階からご挨拶。

CIMG2581.jpg

なんだかオーストラリア・Dubboのどでかい動物園を想い出すなぁ・・・。
万結が小さかったあの頃
や・・・2つの写真を見比べると・・・万結さん、2年経ってもあまりサイズが変わってないような(笑)

CIMG2583.jpg

それにしても広大な敷地だ。
日本のキリンがかわいそうになってくるわ。オランダだって、土地が広いわけじゃないけれど。日本は山が多いからね。

CIMG2585.jpg

で、やっぱりいたよ。ミッフィちゃんと仲間たち。ちょっとした一角だけど。
ミッフィファンの人たちはここまで来ちゃったりするのかしら?
スポンサーサイト
ホワイトビールとムール貝
やっと少し解放された土曜日、ユトレヒト市街地に行きました。
バスで行こうと家を出ると、ちょうどバスが通り過ぎていったため、そのまま歩いて駅へ向かう。

途中、フラワーマーケットに立ち寄る。
フラワーマーケット、というか結構お花屋さんはあちこちにある。
お花大好き、オランダ人。しかも、世界花卉(かき)市場の6割を生産しているらしい。

CIMG2487.jpg



パパが大好きなホワイトビールとムール貝が食べれるお店へ。
なんでもここは大変歴史のある建物で、ユトレヒト同盟が結ばれた場所なんだそうです。

CIMG2497.jpg

お店の建物が入ったシート。ミッキーが興味深々。紙ものが好きなお年頃。

CIMG2498.jpg

お店は1階・2階ともにぎわっておりました。

CIMG2500.jpg

これがムール貝の野菜蒸し(?)ネギやセロリ、にんじんなどを鍋に敷いて、ムール貝を載せて蒸す。
残念ながら、これはベルギー料理らしいが。

CIMG2501.jpg

一つ食べて、その貝を道具にして、次の身を挟んで食べる。おもしろい。
ムール貝蒸しにはポテトかパンが付けられる。

CIMG2499.jpg

おつまみセット。これなら、まゆも少しずつ一緒につまめる。
時計まわりに行きます→エビの春巻き包み→チキンフライ→ポテトコロッケ(オランダ発)→チキンロースト→チーズ春巻き、真ん中は辛い肉系の春巻き。

CIMG2502.jpg

ポテトって言っても、あまりホクホクじゃなくて、なんかクリーミーなのが入ってる。

CIMG2503.jpg

手持無沙汰のミッキーにコースターをあげたら、食べちゃった!

あとはまだまだ足りないユトレヒト街歩き。
かわいい雑貨屋さんを何軒か見つけたが、うーん、どれも似たり寄ったりのグッズが多いかな。
どこのお店も女性客でごった返していました。皆、自宅用ではなく、プレゼントを買っているみたい。
日本でも手に入りそうな商品も多いし。でも、日本人好みでもないような色使い・模様のものもあって楽しい。

CIMG2519.jpg

このミッフィは売り物か?

土曜日はポカポカ陽気で皆、オープンカフェでビールやコーヒーを飲んでいました。
我々も!と思いうろうろしましたが、どこも混んでいて子供連れには厳しかったので退散。

CIMG2521.jpg

オーストラリアのチョコの店?があり、店先で親子がアイスを食べていました。
すると、ガラス越しに万結が真正面からガン見・・・。まゆさん、アイスには目がないので・・・恥ずかしい。
から、買ってあげちゃった。悪い親です。これでsmallサイズ(€1.95)

他にH&M(日本で話題になってたな~)に入り、商品を見てみました。確かに安いかも。で、商品数が多いかも?
こども衣料は小物が充実している印象。まゆに指輪のセットをせがまれました。
日本語表記もあったから、東京でも手に入る商品もあるんだね。
ミッキーマウスの長Tで€7.95とか。女児用はキティグッズがこれまた充実してた。下着もプリンセスかキティか。

駅前のマーケット・・・こんな感じでキティが占拠している店もある。

CIMG2522_20111031145509.jpg

ライセンス・・・ちゃんと取ってるかどうかは微妙な商品も。
moms and tots
今日はプレイグループの日だったのだが、あまりに開催するお宅がアクセスの悪い場所だったので断念しました。
近所のバス停からバスに乗り、さらに17分歩く。
セントラルでバスを乗換えれば、お宅の近くまで行けると思っていたのに・・・。

では、来週の月曜日のお宅は?と期待すると、こちらはなんとユトレヒトの外・・・。西のとなり町。
パパもさすがに、「これは遠すぎだなぁ・・・」。やっぱり遠い?
なんでも、バスで30分以上はかかるところなんだけど、乗換したりして。

結局、この間お邪魔したお宅が一番近そうなんだが、ネコがいるし。この風邪で敏感になっている鼻にネコアレルゲンは痛い。

今後のお宅めぐり住所リストを送ってもらったのはいいが、皆、基本は車で来ることを想定しているみたいで、しっかり無料・有料の駐車場情報が乗せてある。バス停情報が載っているのは数軒だけ。
なんっちゅー不便な会合なんだろう。
シドニーのように、教会とか毎週決まった場所で何かやっていないのだろうか?
有料でもいいからそういうの、求めているんだけどなぁ。
自分で情報探すしかないな。

ちなみにパパ曰く、「そもそもユトレヒトは大学を中心とした都市だから、1/3が学生で、子供はあんまりいないんだ。」

がーん!

----
そんなわけで今日は買い物と公園のプレイグラウンドで終了。

CIMG2454.jpg

CIMG2453.jpg

ようやく少しお座りが上手になり、補助ベルトを付けた状態でハイチェアが使えるようになりました!

CIMG2466.jpg

今日の午後はほんの数時間だけだけど、暖かかった☆
ボーナスカード
どうやら週末から秋雨前線到来(実際、そんな前線が影響しているかどうかは知らぬが・・・)で、来週いっぱい雨模様。
まーじー?
お天気に恵まれていたのも今日までか~。
そうはいっても、今日も小雨がぱらついてて、午後から暖かくなるという微妙な天気だった。
来週はまた憂鬱になりそうな気配だ。やなこった。

今日は週末の分をしっかり買い物して来ねば!と張り切って、遠い方のアルバートハイン(こちらが大きい)に。
ここには引きずりOKのカゴ(お年寄り向け?)があるので、万結が引っ張って手伝いしてくれる。すばらしい!

アルバートハインではボーナスカードっていう会員カードみたいなんがあるのですが、パパがそれを持つ意味を忘れてしまい(そういうところ、やっぱ男性よね)、必要ないか・・・と思って作っていなかった。
ところが、これは安売りのときに「会員価格」と「非会員価格」で大きく差が出ることに気付いた。ポイントとかはあまり関係ないカードなのだ。
これは作らねば!と思い立ったが、そうだ、「会員」になるには住所とか電話番号とか登録するだろうと思い、今日はメモを持って参上。

ところが、カウンターに行って頼んだら、新しいカードとキーホルダーにつけるタグ2枚(これも会員カードと同じ意味を持つ)を切り抜いて投げ渡してきた。
ってか、そのまんまくれるだけかいっ!登録なしかいっ!DMとか送りつけたり、メールで案内したりはしない?ようだ。
なんていうすばらしいシステム。
Simple is BEST☆
オランダらしい。簡単早くて、ムダがない。
カード表示で安くなれば、皆利用するし。個人情報なんて何に利用するんだか、教えていいことないしー。
個人情報管理するのも大変なコストだよね?

CIMG2484.jpg

上が最近導入されたsuicaみたいなバスカード。
下がボーナスカードとタグ2枚。

日本の会員カードもこうしてください。
あの必要以上の情報を書き込む申し込み書が嫌いです。
風邪・・・蔓延中。
熱が出る風邪は怖いが、出ないけれど、のどがやられて皆で咳込むのもイヤですね。
ミッキー→まゆ→私→パパまでまわりましたけど、ミッキーは治っていません・・・まだまだ痰が絡んでる。が、鼻吸い器でがしがし吸い上げるような状態からは脱した。けど、コロコロ言ってるなぁ。

パパは朝からゲッホゲッホ!と痰だしに必死。
痰、出せるだけいいよね~。薬要らず。

私は出せない派。
どうやって出すの?

パパを除き、悪化はしていないものの、おうちにあった加湿器を稼働させても、夜が明ける頃には皆のど嗄れ。
乾いた咳をしております。
ま、冬って寒いからこんなものか。
よくよく週間天気を見ていると、最低気温は7度~9度くらいで推移しているので、それほど極寒ではないよね?
昨年の福島の冬なんて、1月・2月は零下だったし、改築中の仮設(水廻り)住宅ではお~さぶっ!!って言いながらおりました。それに比べれば、暖かい。
バス乗り練習。
今日はショッピングデーの木曜日だが、パパは飲み会らしい。ふぅーん。貸一つ。
(こういうときの貸を強調しておくことが重要だ。ママ飲み・福島飲み2回分必要だから)

さて、今後のプレイグループに備えて、バスに乗っておかねば!と思い、シティセントラルに行ってきました。
ベビーカーはちょっとエレベーターの場所など把握できていないので、抱っこ紐で短時間限定で。
って、バスに乗ってから「地図」を忘れてきたことに気づく・・・やばい。行く先で迷わないようにしなければ・・・。


かつてバスは回数券だったが、今はプリペイドカード(suicaみたいな)になり、チャージもできる。あちこちでチャージ機はみかけるのだが、すべてデビットカード払い。よって、我が家の場合、こまめにバスセンターでチャージしなければならない。

今までパパとうろうろ(って言っても通算で数回)した経験しかなく、あまり現在地を意識したこともなく、記憶をたどりながら。

駅といえば、フライドポテト。バスカードにチャージしてからいつものポテト屋を目指す。
このフライドポテトがきついので、ランチタイムに合わせて家を出たのだ。
ポテト大好き万結さん、私よりショップを発見するのが早かった(笑)

CIMG2441.jpg

ノーマルサイズで€2.15だが、つけるマヨやケチャップは別料金。トータルで€2.5くらい。
オランダではケチャップではなく、マヨ。なんっつーハイカロリー。やむなく、マヨる。郷に入っては・・・だしょね。

CIMG2443.jpg

CIMG2444.jpg

微妙な一角にある乗り物。さみしい・・・かつ今まで見たことないよ、こんな汚い・・・

CIMG2445.jpg

こんな汚いミッキーマウス。誰かきれいにしておくれ。

前回行ったV&Gっていうデパート(?)のキッズ用品売り場に行き、ミッキーのおもちゃを探す。
この家にはもはやベビー用のおもちゃはほとんど見当たらない。

万結さんは・・・というと、おもちゃがいっぱいあり過ぎてよくわからないようで、時間がかかるためスルー。
疲れたので、足早にバス停を目指す。
これもまた先々週の土曜日はどんなルートだったっけ?と記憶をたどりながら。

すると、バス停を確認した地点からすぐのところで地下にトイザラス系のおもちゃ屋さんを発見!こちらの方が安そう。
ここでひとまず「プレイドー」を探す。下手なおもちゃより粘土の方が楽しい。
パン屋さん、ケーキ屋さん、アイスクリーム屋さんのセットの中から、万結はアイスクリーム屋さん(€6.99)を選ぶ。

このあたりでとうに13時(ミッキーのミルクタイム)は過ぎていたと思うが、カフェに入る元気もないので、そのままバスを待つ。ミッキーごめん。結局、ミッキーは疲れて寝てしまいました。

CIMG2449.jpg

さっそく、「ママが」作ったアイスクリーム。
安いキットセットだったんで、肝心のねんどの量が少な。

CIMG2451.jpg

そういえば、ご褒美にアメちゃん買ってあげたんだった。

ユトレヒト街歩き、総じてお店のお姉さん・お兄さんは愛想がいいが、バスセンターの窓口のおばさんはかなり無愛想であった。オーストラリアでも、店員のサービス精神のなさに心を痛めたが、やっぱオランダも同じ?
日本の素敵すぎる接客態度、それは世界一に違いない。
今日です!福島の女100人!
朝起きて、まずは何かニュースになっていないか確認中です。

ひとまず、プロジェクト側で作成した中継CMがありますので、ぜひご覧くださいませ☆

関係者の生声でより、この活動がリアルで身近なものに感じられるはずです。

「原発いらない福島の女たち~100人座り込み」中継CM動画配信中

原発に水かける前に子供を逃がせ、という訴えが、印象的です。


そして、もう一つ。

表題こそ過激なのですが、静かに強く暮らし続ける南相馬の人たちについての映像です。

また改めて原発事故と津波について考え、故郷について考える機会に。
ラストシーンが印象的でした。
Chocolade Bloemen
今日は午後になってようやく天気が回復。
日の出は8時半だし・・・どよ~んとした天気で気温は11度。
日差しが出てないとかなり寒々しいので、日差しが出たときにGO!

雑貨屋さんでキャラクターバンドエイドを買い、こんなかわいらしいチョコレート(9枚 €3.25)を見つけました。

CIMG2435.jpg

赤、緑、白、オレンジ・・・写真を撮った後に黄色もあったことに気づく。あ・・・。黄色が一番かわいいかった。

赤・・・ちょっと食べたら毒々しい色に感じたが、味はおいしいミルクチョコ。かなりのーこー。これ、本場のチョコの味。
しかし、マジックで花のチョコと書かれているだけで、製造データは皆無。いいのか、それで?

まゆさん、普通に2枚いただきました。
孤独な日本人妻
そう・・・あまり考えてみたことなかったのだが。
先日、福島のばぁばと電話をして、「家にいたんではつまんないべ。話す人もいないし、福岡に戻りたくなったんじゃない?」
「戻りたい」という言葉を考えたこともなかった(笑)
まだ来てから2週間しか経ってないし。

しかし、ほとんどの時間を育児に費やし、寒い外に出るのは買い物くらい・・・そんな生活、孤独じゃない?よく考えてみたら。
言われて初めて気が付いた。
一般にいう、海外赴任した妻がうつになるっていうアレですよね、こういう環境のことをいうんだわね?
夫は仕事で留守で、家にずっと子供と置かれてノイローゼ?数か月もこの状態ならきついな。
独身のときは自由だったから気づかなかったけど、単身で海外に行くのと、子供と行くのとでは全然ちがうわな。

私には日中、話す相手が・・・一人(3歳児)、笑。万結さんは至って陽気に歌をうたい、あーでもない、こーでもないとつぶやき、年長さん向けのおもちゃに悪戦苦闘している・・・全然さみしそうじゃない(笑)ワタシの世界はバラ色♪です。
対する私、確かにこういう環境って、「つまらない」っていうのかしら?
そうなんだろうねー。オランダにいるってだけで、TVを付けてもわかるのはCNN,BBCだけだし、オランダTVでやってる「ハイジ」を頑張って理解しようと試みても、全くストーリーがつかめない。さっぱしわからん!

唯一の楽しみは、夫が帰宅後に晩酌をすることくらいか?
それも食事の用意の合間だか片づけだかわからない状態でちょいちょいやって、すぐ片づけ→子供の寝る準備。
そんな微々たる楽しみ?

あんまり考えると、これはつまらない生活だということに気づいてしまうのでやめよう(笑)

しかし、家の中にいようとも、子供たちがよく食べ、元気に過ごし、電気にも困らず、生きていること。
それだけで十分ではないか~!っていうのが、海外生活においていつも思うこと。
どこにいたって同じこと。
置かれた環境に感謝するか、しないか。

ってことで感謝♪

ホームシックな私を癒す、日本生まれの仲間たち(笑)

CIMG2431.jpg

ぽんぽこたぬきさん。日本でもなかなか見ないぞ。
君、小さい頃はお店屋さんの前とかによくいたよね?

CIMG2432.jpg

これは石キティ・・・レア。ってか、マニア向け。

CIMG2433.jpg

the BONSAI☆
びゅーてぃほ~!

いよいよ明日です!
10月27日(木)@経産省前で「原発いらない福島の女たち~100人の座り込み~」が行われます!!!
参加される皆さん、風邪ひかないように・・・本当にそれだけですよ。
(明日の東京の天気は・・・最高気温低め?だけど、まだ温かいから大丈夫かな。)
合わせて各地でも同運動の呼びかけが行われるようです。
また全国からカンパも寄せられ、各人の費用をサポート(全額ではなさそうなんだけど)しているようです。
カンパが少しでも役立ったよう

この日は、渡利地区住民政府交渉も行われることになっており、合わせて報道・交渉内容に注目したいと思います。

呼びかけに耳を傾けよう!
政府よ、動け!




3分ウォーキング
万結の嗄(これでカレって読むんだね~)れ声が少し・・・よくなった気がする。
しかし、油断はならない。風邪をこじらせるとろくなことがない。

家の前にある空き地(?)というか、△公園的なス芝生ペースに石+花壇ができた。

CIMG2423.jpg


もう冬じゃないの?っていうくらい寒いけど、まだ花を植えるんですね。

先週末は子供たちも私も体調不良でしたが、夫のオランダ生活の古き友人である、熱帯女子こと、マスカルポーネが遊びに来ました。マスカルポーネさんは、私と同じように大学院時代は熱帯地域=インドネシアに送り込まれ、(そこで現在のダンナさんに出会ったらしいが)ユトレヒト大学でPh.Dを取り、オランダ人と結婚して、現在はこちらで研究員として働いている。
流れ者の私とは違って本家本元の優秀な人材で、オランダに行ってしまって残念だわ・・・な熱帯女子です。

震災の話になり、「あのとき、世界中の日本人が夜通し寝ずに、NHK放送にかじりついていた。皆、半うつ状態だった。」と言っていました。2週間後には日本に帰って、事態を把握できてよかったそう。なんでも緊急時には海外にいても、NHK放送は見れることになっているんだそう。そうなんだ・・・。

さて、そんなマスカルポーネさんが、デザートに「手作りラズベリームース」を持ってきてくれました。

CIMG2400.jpg

材料には聞きなれない「マスカルポーネ」が入っていると言っていました。マスカルポーネはデザートに使うイタリアンクリームチーズだそう。知らなかった。なんだ、なんだ??マルコポーロ?ぐらいのレベルだった(笑)
これが酸味があって、私好みのおいしいムースでして、ぜひ作ってみたい☆と思って、レシピなんぞを調べてみたんだが、結構ハードル高め。まぁ、マスカルポーネさんも「簡単だよ♪」なんては言ってなかった。手間がかかるに違いない。けど、彼女は極めるタイプだから、手間は惜しまない。中はピンクでラズベリーのつぶつぶ感もよい♪

日本に帰ったら、チャレンジしましょうってことで(笑)
自然災害
まず・・・トルコでまた地震がありましたね。トルコも日本と同じく「地震大国」ですよね。毎回、毎回、崩れた建物と下敷きになる人々と。今回は場所も田舎で少数民族クルド系が住むエリアだとか。政治的なことで、人命が奪われませんように。早く日米の緊急援助を受け入れますよう。
がんばれ、トルコ!

そして、タイ。こちらも洪水で大変なことになっている。少々の水浸しはよくあると聞いているが、中心部から離れたドンムアン空港のあたりまでとなると、これは大変なことだ。特に低地に暮らす住民ほど経済的に貧しいことが多いから、気がかり。東日本大震災のとき、バンコク・スラム街の住民たちもカンパをしてくれた。きっとその人たちも少なからず、被災しているに違いない。
今度は私たちがカンパをする番だ。
がんばれ、タイ!

そして不幸にもまた「水」に浸水して被害を受けている日本企業。すぐに水が引くどころか、浸水がひどくなりそうな気配。
日本企業にとっては、困難が続く。円高で海外移転を図っても、移転先でこれではどうしようもない。確実に安全な場所などないってことだ。ものを大量して製造して、そこから利益を得続けることには限界を感じるわ。
風邪薬
私ののどがピリピリ。
ミッキーは夜の咳が始まり、万結の声はかれ、パパも頭痛(一番、軽症)?
よって、ミッキーには寝る前だけ貴重な咳止め薬。(いつも小児科の先生に、夜の咳はできるだけ早く治す!とアドバイスを受けている。)万結には市販のキティ風邪薬。(これも「咳」重視=南天エキス入り)私は葛根湯5包目?

ミッキーも万結も朝方の咳と起き掛けの咳が多くて、ミッキーは夜中のミルクの前後で咳込んでしまい、ゲボッたり。
今日は雨だというし、そんな日は洗濯日和(笑)
ヨーロッパって、洗濯物を外に干すってことをしないようで、洗濯=洗濯機+乾燥機で完結。
アリエールとか売ってたから買って試したのだけど・・・においがきつい。
寝室が洗濯洗剤の香りに包まれております・・・。あまりにあちこち同じにおいになると、ウザくなるよね。
日本人は「香り」嫌いだよね~。自然な香り(あるべき香り?)が打ち消されるのを嫌う文化。
食洗機で洗った後の洗剤のほのかな香りも気持ち悪いんだなぁ・・・。

この家は食洗機もあるし、乾燥機もあるし、家事に追われる生活はない・・・が、その分、高い洗剤は消費するし、電気は使うし、あまりエコじゃない気分になるのだけど。こういうライフスタイルは、奥さんの家事負担が少なくて済むし、簡単な作業は旦那にも手間をかけないし、良い部分もある。お年寄りだけの世帯にだって、便利に違いない。
でも、やっぱり脱原発派としては、電力が気になるよ。
ブロッサム公園、再び。
OZ産パナドール(アセトアミノフェン)を飲んでちょっと回復したので、更新です!

昨日は木枯らし吹く中、いつもの商店街の先まで行ってみました。
すると、線路を越えて駅に向かうと、ちょっとお店の質感が変わりました。
なんだか高級なブティックや靴屋、カーペット屋さんなど。それからスーパーもアルバートハインに加えて、Organic系のちょっと高いスーパーも(でも、日本食材があった!)。

こんな素敵な並木道も。寒くて(?)誰も散歩していないけど。

CIMG2373.jpg


そして、ブロッサム公園。
お昼時なので、人がまばら。ミッキーが11時に2回目のミルクなので、それから出てくるとこの時間です。

CIMG2374.jpg

ミッキーを特大ブランコに乗せてみた。わりと気持ちよいようだ。

CIMG2376.jpg

そこへまゆが突撃。ミッキーは迷惑そうだ。

CIMG2382.jpg

びっくり!公園で飼われているプチ放し飼いうさぎちゃん。オランダサイズででっかいの!!小型犬サイズです。

CIMG2381_20111023004029.jpg

三輪車。ここの公園、2人乗り三輪車などいろんな種類のちびっこ乗り物が盛りだくさん。
さすが、自転車大国オランダ!
他に誰とも競合しないただの三輪車なのに、取られちゃ困ると行く先行く先に持っていく。砂場で断念(笑)
誰も取らないよ・・・。

CIMG2384.jpg

メリーな三輪車。万結は足が短くて漕げません。これもまたオランダらしい、あしながキッズ用。

家に帰ってきて、私とミッキーが昼寝をしてたりすると、暇を持て余した万結さんは一人で遊ぶ。

CIMG2386_20111023004028.jpg

ブリックだっけ?なんだっけ?木製の欧米版のプラレールみたいなやつ。
駅とかあって、面白い。
風邪ひきかけ。
昨日はとても寒い日でした。
朝9時の時点で2℃とか。
とても寒くて、でも、11時には散歩に出たんだけど(笑)
ベビーカーを押す手もかじかみ、ニット帽を被らないではいられなかった。
ブロッサム公園に行って帰ってくると、微妙に頭痛で、お昼寝を。

ところが、夕方になってもあまりよくならないし、食欲もわかない。
ごはんを作った後で、即行カッコントウを飲んで寝ました。
夜中目が覚めると、のどが痛かった…風邪ですね。
そういえば、一昨日に頬がゾワッとしたんですよ。寒気を頬に感じました。

今朝も弱い頭痛とのどの痛みがあります。
あー土曜日はまた駅の方までお買いものに出れるし、楽しみにしていたんだけども、今日は大人しくしていよう。

ってなわけでしばし更新停滞予定です。

-----
元気になったミッキー。発疹は消えて顔もキレイに戻りました。
ご心配おかけしましたが、一応、2~3日で発疹は引きました。
バナナはその後も食べていて問題ないので、小麦粉除去でいきたいと思います。

CIMG2390.jpg

CIMG2391.jpg

CIMG2396.jpg

このコットは家人が用意してくれたもので、ミッキーは添い寝に慣れているから使えないかなー?って思っていたのですが、初日から大活躍です。夜中に目が覚めた後は添い寝しちゃっているけど、目を離すときや最初の睡眠のときにはここに入れてます。
ここに置いてもあまり嫌がらないのが不思議です。楽しい空間のようです。
じんましん、その後。
ミッキーのじんましん、今朝はだいぶ湿疹も減ったように思ったのですが、朝ごはんにバナナのみ食べさせてみたら、やっぱり少し湿疹が出ました。例のベビーフード(小麦とライムギ)は除去して、バナナは一口試して口が赤くならないことを確認してから、食べさせました。
またアレルゲンが腸に残っているからでしょうか??
咳や鼻水も相変わらず出ているので、体調は万全ではありません。

今日は冷え込み、天気もあまりよくなく、じんましんは気温変化でも悪化しそうなので、引きこもり。
午後のお昼寝はいつもよりぐっすり。湿疹は少しよくなった気がするけど、やっぱり頭から首のうしろがわにかけてと太ももあたりにはかなり湿疹が出てます。

私がなるじんましんは、蚊にさされたような感じで、2時間後には消えます。
ミッキーのは、出てすぐは白くぷっくり蚊にさされたような大小ですが、時間が経つと赤みを帯びた湿疹になります。それがなかなか消えない。消えた場所も痕がしっかり残ってます。なんかちょっと違うね。

色が白いせいか湿疹も痕も目立っていて、痛々しいです。
赤ちゃん用のかゆみ止めもないので、そのまま様子見してます。
本人は元気にしてます。
ブロッサム公園
今日はミッキーの体調がすぐれない中・・・まずはやっぱりGP(ホームドクター)の場所をよく確認したかったので、GPを目指しました。昨日のマップを活用して難なく到着。実は総合病院の駐車場のとなりにありました。近すぎてびっくり!

CIMG2322.jpg

これは総合病院。

CIMG2323.jpg

すぐ左手がGP。看板は住所だけ。中の壁に先生たちの名前が5~6人併記してあるのみ。
わかりづらいねー。景観重視だね。

ガイドによると、オランダの病院の中はすごく明るくてデザインが良いらしいけど・・・やっぱり病院には安易に入れないね。

CIMG2325.jpg

CIMG2326.jpg

前回とは別ルートでスーパーを目指す。
途中で小さなプレイグラウンドを発見したり、秋らしい色の街角を見つけたり。

CIMG2324.jpg

すると、途中でなんだか魅力的な門を発見!

CIMG2327.jpg


CIMG2328.jpg

Speeltuin de Bloesem (ブロッサム プレイグラウンド)という無料の遊び場らしい☆

あまりにかわいらしい門と広そうな感じに、もしや有料?と思って躊躇しかけたが、近所のおばちゃんに聞くと、「入っても大丈夫よ(オランダ語でそんなニュアンス)」と言われたので(笑)入ってみた。

中には施設の事務所みたいな建物もあったが、管理人はいなさそう?に見え、子供たちやママが自由に遊んでいたので、万結を遊ばせることに。

CIMG2331.jpg

これ、滞在先のとなりの公園のプレイグラウンドにもあって、万結のお気に入り。
車輪型の大きなブランコ。不思議な形だよね。なんでだろうね?
落ちそうなスリルがたまらん様子です。

CIMG2334.jpg

公園の向こうに大きな建物が見える。これがユトレヒトの鉄道博物館。そのとなりの公園なんですね。

CIMG2336.jpg

ここは本格的にどろんこ遊びができるスペースのようで、水+泥びたし。
冬場は寒くて誰もやらないんじゃないかと思うけど・・・水が出っ放しでした。
コンクリートでも作れそうな子供用重機が揃ってます。

ちょうど遊び終わる頃に12時の鐘がなり、このとき、ミッキーもちょっとベビーカーから出してトランポリンで一瞬遊んだ・・・。
それがいけなかったのかも。
「悠香」の小麦アレルギーは、小麦アレルゲン+「運動」=アレルギー症状が出るらしいもんね。
この時点では、顔の発疹が悪化している様子はなかった。
懺悔・・・じんましん発生。
やってしまいました。
8か月になり、こちらに来てから離乳食を本格化!と思い、日本から買ってきたレトルト離乳食を与えていましたが、朝だけはバナナやこちらの瓶フード(キャセイでもらったheinzのやつ)を混ぜて与えていました。
昨日の夜からようやく米ベースに離乳食を作りはじめ、今朝はこちらのスーパーで買った「小麦とライ麦のブレンド離乳食(粉末)」(8 months+)をバナナに混ぜて食べさせました。全く新しい食材だけど、昨日はアボカドをクリアしてたし、ミッキーはあまり食物アレルギーはなさそう?と思って、穀類だし、普通の分量でスタート。

が、食べた直後から、口の周りが赤くなり、もしや?とかなり不安になりましたが、その後は元気だったので様子を見ていたところ、2時間経過した頃から頬や首などに発疹。
やっぱり出てしまったか、じんましん・・・と思って再び経過を観察。
しかし、特に悪化する気配もなかった(少量の嘔吐はいつものことだし。熱はないし、かゆそうでもないし、下痢もしてない)ので、お散歩へ出ました。

1時間半ほど歩きまわって、最後にアルバートハイン(スーパー)に立ち寄って買い物をして、レジにつくと・・・ミッキーの顔の発疹が倍増していることに気づく(涙)これはやばいっ!と思って、携帯もないことだし、家に直帰。
身体を確認すると、フェイスラインは赤く発疹・ぼこぼこで首や頭の皮膚までボコボコ。おなかも朝よりひどく発疹。朝は出ていなかった背中はひどい発疹。手足もどころどころに発疹。
このまま悪化したらどうしよう??とパパに連絡。
(これが、日本への国際電話で日本の携帯につなげるという・・・なんとも勿体ない電話連絡方法。しかも、「歩き方」の掛け方間違ってるし!00+81+90/or 80-****-****が正しい!!)
                      ↑携帯番号

じんましんのよく出るパパとしては、病院に行ってもどうしようもないし・・・と。
やむなく、日本が夜間(午後9時頃でした)であるため、小児救急に電話相談することにしました。
とにかく、どのレベルになったら病院へGOなのか、を知るために。
「じんましんの程度は個人差があるので、様子を見て、呼吸が苦しそうだとか、かゆくて寝つけないとかそういうレベルになったら、病院に連れて行ってください」とのこと。

本人はかなりかゆそうで、少しかきむしってシャツに血が点々になっていましたが、泣きじゃくるわけではないので、経過観察。その後はようやく発疹が落ち着いてます。数はまだまだ減ってはないけど、ボコボコ感が小さくなってます。

やれやれ、わたくしのテキトー育児のせいでミッキーがとんだ被害を受けてしまいました。
やっぱり新しい食材はまずは一口だけが基本ですね。
母乳で小麦は経験済みかもしれないけど、ライ麦は人生初だったはずです。
おまけに風邪気味なので、さらにじんましんが出やすい体調だったのでしょう。
ごめんなさい。
万結のときも急激に離乳食を進めて、便秘にさせてしまい、かわいそうでした。
ミッキーは快調だし、よく食べるし、順調な滑り出しだったのだけど・・・もともと湿疹が出やすいってことは、アレルギーには要注意な子なんだったわ。離乳食はゆっくり進めましょう。
おやつ☆
朝8時でも真っ暗なオランダ・・・今月末にはwinter timeに切り替わるそうで、さすがに8時くらいには明るくなるはず。。。
しかも今朝は雨で風も強く、最悪の天気だった。

午後になると少し天気が回復・・・気が付くとなーんだ昨日までと変わらないお天気になっていた。
これからどんどん寒くなると思うと、散歩をしないではいられない。

CIMG2304.jpg

いつものスーパーがある商店街を少し詳しく見て回る。
と、3軒くらいパン屋さんかケーキ屋さんか、とにかくその手の店があることがわかった。
どこも見た目にかわいらしいカップケーキを並べているが、本当においしいケーキを売る店はどこか?

Banketbakkerij Verspeek というお店で1個1.95€のケーキを買ってみました。

CIMG2305.jpg

以前に来たときには、1個300円。今は200円。
ちょっとくらいおいしくなくても許せる金額になりましたね・・・。
おばか万結さんが箱をひっくり返したので、デコが台無しになってます(涙)

安いなぁと思ったら、タルトはパイ生地。でも、ちゃんとフルーツのっているし、チーズケーキもnew york cheese cakeって書いてあったし、まともそうでしょ?
味は全然甘すぎず、少し大きめだけど、ちゃんと食べ切れるおいしさでした。
オランダのケーキはおいしいんだね。意外☆

CIMG2306.jpg

とりあえず、どんなスイーツでも囲まれると幸せになる娘。

そういえば、パパがいたころ、トマトがまずいって(味がないって)文句を言っていました。
今回、普通にスーパーで見た目が真っ赤でおいしそうな房付きプチトマト(2.3€)を買ってみたら、日本と変わらぬおいしさ☆
お値段的には他の農産物が安いせいで、ちょっと高いトマトなんだろうけど、今はおいしいトマトもあるんですね。

プレイグループ
ユトレヒトに来てからはや1週間。
今日はチャーリーママこと、Carolynの誘いでプレイグループ(International)に行ってきました。
よくわからないまま、お天気も悪いので、Carolynに車で送ってもらい、実は家からそう遠くないお宅へ到着。
OZのプレイグループのように教会とかでやっているのかと思ったけど、メンバーの家でローテションしているらしい。
今回は1時間半ほどの滞在で、メンバーの名前も覚えられないうちに帰ってきちゃったけど、internationalなだけに、いろんな国の出身のママさんが来ていました。そして、皆子供はほとんど2人ずつ。
わいわい、がやがや、誰が誰の子かわからない状態でごった返していました。

写真・・・って、自分の子供を撮るのはよしとして、なんかここでいきなり写真がしがし撮ったら、いかにも日本人かと思ってやめておきました。すると、横でフィンランド人ママ(Noraさん)がデジカメでばしばし撮ってました(笑)
きっとフィンランド人ママもブログをやっているに違いない。
次回は私も・・・。

ちなみに、このプレイグループは週2回で毎回会場が違うから、来週からは自力でバスで行かないとなんだよね。
電車と違って、バスは道や地名を知らないと本気で迷うからやばいやばい。
ハードルが高いっす。

今回のお宅、長居しなくて正解だった。
というのも、「ネコ」を飼ってたー。もうこれはかなり想定外。
しかも、かなり家じゅううろうろ飼いのため、あちこちに毛が。
ネコアレルギーの私は、いきなり会話で発声できないほどすばやく反応。
そのあとは連続的にくしゃみ。つらいつらい・・・。
鼻がかゆいは涙は出るわ。
オランダ人はネコのイメージがなかったから、油断してたわ。
犬はよく見るけどねー。
帰宅してからも、ミッキーが這いつくばって毛だらけのせいか、鼻水が止まらないだよ・・・。
道を覚えよう。
私たちが来て以降、着いた当日は雨だったものの、その後は快晴続き。
この時期のオランダでは奇跡的ないい天気らしい。
で、そんな天気も今日で終わりで明日から雨だっていうので、午前中は買い出し。
午後は散歩コースを開拓に行ってきました。
さすがに道を覚えないと、いざというときにどうしようもない。

まだmapが入手できていなかったので、行く先行く先で目印になるお店を覚えて、方向音痴なりに歩いてきた。
すると大きな病院らしきにたどりついた。
たぶん、Emergencyはここ。
他に紹介してもらったGPも少し先にあるはずなんだけど、方向があやしいのでやめておいた。

帰りにいつもの公園で入っていないエリアに足を延ばしたら、playgroudを発見!
万結さんがようやくお外遊びできました☆

CIMG2298.jpg


CIMG2297.jpg

お友達に絡みたい万結さん・・・でも、いきなりの攻めに皆逃げます(笑)

CIMG2300.jpg

ぐっすり寝ていたミッキーも、子供の声に目を覚ます。
やっぱり楽しい場所はわかるのね~。
自主避難者へのアンケート
福島の原発事故を受けて自主避難をしている方へのアンケート!!by FoE JAPAN
10月20日までに間に合うように送信頂けますよう!!

アンケート回答はこちらへ

さっちゃんは携帯から参加できるかな?
今後の賠償請求などに役立つそうです!!

--------------

それから、文部科学省がこんなものを作って公開しているそうです↓

ダウンロードはこちら。
小学生~高校生向けまであります。

週間子供ニュースの解説のような感じで、非常に易しい文章で書かれています。


TVの解説にあまり触れていない海外の方、日本への一時帰国に際し一読を!

参考まで。

--------

それと、最近、こういうグループも立ち上がりました。
私の実家のある渡利地区に住む子供たちを守る会です。

SAVE WATARI KIDS

渡利地区の中にはかなり線量の高い地点が存在していることがわかっていますが、国が「特定避難勧奨地点」に指定することを見送ったそうです。地域全体を避難地域にできないのはもはや致し方ないことなのかなと思っていますが、個別にも対応しないっていう国の姿勢はいかがなものでしょう?

日曜日
日曜日の昼下がり、今回の滞在先を見つけてくれたチャーリーパパ&ママさんとちょっと離れた大きな公園へ。
チャーリーパパが車で迎えに来て、連れてきてくれました。
みんなが休む日曜日。さすが人口密度の高いオランダでは、人が集まるところは大混雑。
公園内にあるplayground付きのcafeには行列も。
なんだか日本みたいだ。

どうやらここは歴史のあるcafe?古くからあるとか。
pancakeで有名な店らしいが、ホットケーキではなく、クレープみたいな薄い生地にベーコンなどを入れて焼いたもの。
甘いパンケーキもあるが、例外的なよう。
イチゴの入ったパンケーキはSydney Summerなんていう名前なもんだから、さっそく頼んでみたが、イチゴがないから今日は出せないと言われて、却下。おー残念!

CIMG2294.jpg

ここらではやっぱりチョコは子供にはなるべく与えないようで、おチビがホットチョコレートなんか頼むとビビられる。
ベーコン入りのものとフルーツづくしのものを2種頼んだが、ランチの後にこれは大量すぎる・・・。
あー、こんなものを食べにくるとわかっていたら、おなかをすかせてきたのに。

CIMG2295.jpg

シートの裏が塗り絵になっていて、色鉛筆を持ってきてくれる。
待ち時間によくあるサービス?こういうの、子供が喜ぶからまた来ちゃうんだろうなー。


CIMG2296.jpg

まゆはチョコで満腹中枢が働いて、このパンケーキのぶどうだけを食べて終わってた・・・。
残りは親がやっつけ・・・られるわけもなく、2種類のパンケーキの半分ずつを残したような?
特にこのクリームとアイスなんて・・・要らないっす。
安くないのにね、勿体ないわ。
オージーサイズに輪をかけたビッグサイズな気がする。

チャーリーパパはクリームチーズが半パックついたようなパンケーキ、チャーリーママはサラダを頼んだけど、巨大なボールに入ってて、パン付き。確かにサラダだけでおなかを満たそうと思ったら、あのくらいの1杯になるんだろうけどね。

やーオランダ人は身体が大きくなるはずですわ(笑)

ちなみにこちらで見る子供のサイズ・・・万結と同じくらいの体格の子はたいてい1歳半くらいです。
なので、playgroudで一緒に遊べる相手が赤ちゃん。笑えないねー。
なんか同じくらいの子に出会えないなーと思ったら、年上に見えてたってことよね。
スーパーでも万結が近づいていく相手って、ちびちゃんだからお話もできません(笑)
アジア人の割合がほんとに少ないから、同じような子がいないよ(涙)
残念な感じ。
ミッフィの家に遊びに行く。
ユトレヒトといえば、ミッフィの原作者:ディック・ブルーナさんのふるさと。ってか、住んでる。

今日はセントラル・ミュージアムに付属しているミッフィミュージアムに行ってきました。

CIMG2260.jpg CIMG2259.jpg


なぜか2階からスタートし、最初はオトナのミッフィ(笑)
ブルーナさんがかつて手がけたデザイン関係の説明があったり、有名なアーティストによるミッフィの服が展示してあったり。あっれーこれで終わり?と思ったら、小さなパズル部屋があったり。

CIMG2270.jpg

他にもミッフィのぬり絵が楽しめるスペースなど。

CIMG2253.jpg

まゆさんの作品。なかなか上手になってきましたね。相当下手でしたから。。。

CIMG2251.jpg

ロシアの子が作ったもの。うわぁ~かわいい☆

が、なかにはこんなものも。

CIMG2258.jpg

あ…ってか、だれ? もはやミッフィではない誰かになっているものもあったりする(笑)

CIMG2256.jpg

僕も…ナインチェ(ミッフィの本名)パーカーを着てきたよ!


んー、2階はどうも作り途中な感じ。
奥の階段を下りていくと、ようやくガイドブックに載っている子供が遊べるスペースへ行ける。

そして、ようやくお目当てのミッフィの家に辿りついた。

CIMG2274.jpg


家の中にはベットや机があるんだけど、かかっているお洋服がミッフィちゃんの実写版(?)なお洋服。
私的に「もえ~!」。これってかなり正しい「もえ」方だと思う。

とりあえず、ミッフィのベットに入りそうなミッ「キ」ィを寝せてみる。

CIMG2272.jpg


他にもDVDが見れるコーナーがあったり、いろいろかわいい展示がありました。
アニメキャラが好きらしいミッキィはヘッドホン付けてあげたら、笑いながら見ていました。

お腹ペコペコになったので、カフェでランチ。パパがとりあえずmealって言ったら、beerって聞こえてしまったらしく、ビールが真っ先に出てきていた(笑)
どこの国も、「とりあえず…」なんて言うと、そのあとは「ビール」なんだな。
お姉さんが美人だったので、パパは文句を言わなかった。

CIMG2275.jpg CIMG2277.jpg

13時を回っていたので、ミッキーにはミルク。万結にはホットチョコ。さすが外国よね、生クリームが付く。
万結は大喜び。おまけにポテトも大好き。万結が日本で好きなものって言ったら、白い米くらいで、後は欧米の食べ物の方が趣味に合っている。将来が思いやられる。

CIMG2279.jpg

そしてユトレヒトのランドマーク、ドムタワー!
一度、年末年始に来たことがあり、カウントダウンをここで…が、酔っ払いが放つ爆竹や花火が怖くて耐えられなかった。
誰も規制していない状態で、ありえなかった↓

行楽日和の土曜日でユトレヒトの中心部は人、人、人。
金融危機?消費の冷え込み?はまるで感じられないにぎやかな休日でした。

そして初めて見たよーミッフィ信号。

CIMG2288.jpg

げげげ、わかりづらさMAXだねー。すみません。
人が歩いている形じゃないってことで、想像力を膨らませてご覧ください。

ところで、マーケットでものすごい数のキティに遭遇しました。
どこ製かは怪しいもんだけど、とにかくデパートでもたくさんの絵柄を見たし、マーケットでも古着屋でも見ました。かつてこれほどのキティをオランダの街で見たことがあっただろうか?
ものすごい勢いでキティグッズが流行しているようだ。
私はミッフィグッズを求め歩いているというのに…。
オランダのオムツ・ミルク
オランダのオムツ。
アルバートハインにはpampersだけが置いてありましたが、薬店に行けば、huggiesも他に2種類くらいのオムツが置いてありました。特売品で38枚入り×3パックで25ユーロとか。
日本では、ウルトラジャンボ×2パック=118枚で3,000円。
円高の今なら、海外のオムツも日本とだいたい同じ値段で買えることになる。

CIMG2153_20111015015846.jpg

中身はなんと同じなんだよね~。日本だけ別に改良しているのかと思ったけど、素材は同じでキャラクターだけ別。
ま、しまじろうが付いているわけないか(笑)

ひとまず、買い出し初日にパンパ、今日はハギーズを買ってみました。
huggiesにはオーストラリアでお世話になりました。
パンパのないオーストラリアではやっぱり一番吸収がよく、長時間に耐えます。
ちなみに、日本にはないハギーズはオーストラリアと同じプーさんプリントです!

それからパンツ型オムツは見たところなさそうだった。パンパはactiveなる種類のものがあったけど、テープ型のようだし。
ハギーズには高価だけどパンツ型が存在する。
さぼてんさんの暮らすメキシコにはパンツ型はないって言ってた。パンツ型の需要が高いのは日本だけなのかな?

ミルクはほんと全然わからず。2つのメーカーさんのものがあったのだけど、海外らしくアレルギー対応だのなんだの種類の多いこと多いこと。
結局、シロクマラベルの粉ミルクを買ってみました。

CIMG2222.jpg

パパが外国のミルクは日本のよりおいしくないから飲まないんじゃないか?って心配して、EMSで個包のほほえみ1箱を送ったりしたんだけど。ミッキーは全然そんなことを気にせず。私が飲んでみても、確かにちょっと甘いくらいでそんなに変わらない。この1パックで11ユーロくらい。

いつも気になるんだけど、日本と欧米では、Step2に入るタイミングが違う。
日本は9か月、欧米は6か月。
そして、欧米はStep3(12か月以上)まである。
3か月も違ってていいのかな?体格の違いがこの差なのか?!

余談ですが、福岡国際空港のゲート付近のみやげ店では、明治の粉ミルク缶2種を取り扱っていて、アジアの観光客からの需要か?日本人が旅立つときに買うものか?よくわからなかった。
あの商品だけ浮いてます。
貴重な太陽の光
オランダでの滞在先のおうち。
google house(笑)人んち勝手にお見せします。

CIMG2209.jpg

小さな道に面した大きな出窓のおうち。となりと接していて、全く同じ形の家が何軒か連なってます。
太陽の光は日の短いオランダではとても貴重なので、基本的に窓はカーテンを開けっぱなし。
中は丸見え。のぞいてみても、家がごちゃごちゃしてた・・・なんてことはない。

CIMG2210.jpg

リビングの窓も大きい。
中庭もあるんだけど、あまり子供たちが遊んでいる形跡はないなぁ・・・。
グッドさんは4代目のボンサイ屋さんだから、ボンサイが植わってたりするけど・・・しかも大きいのでかなり高価なもののようだけど、庭を眺めてムフフ・・・っていう感じではない。
あくまでオランダ人らしい、トレーダーとしての仕事がメインなのだ。

CIMG2211.jpg

2階への階段にはアンティークなステンドグラス。お天気がいいときはとてもきれいですなぁ。

CIMG2212.jpg

キッチン。オランダのキッチンって、すべてが隠されてしまう造り。生活感をいかになくすか。そういう気概を感じる(笑)。
グッドさんは日系だから、比較的雑然としている場所もあるけど。
日頃から日本を行き来している方なので、日本食材も充実しているようだ。使っていいよ!なんて言ってくれるが、こっちではアムステルダムまで出て行かないと手に入らないので、高級すぎて申し訳ない。

CIMG2219.jpg

万結さんが食べているのは、OZでもおなじみのポン菓子=ライスケーキのチーズ味。
ミッキーも万結も昨日買った服を着てます。ミッキー・・・色が地味すぎるべ。万結は派手すぎるべ。

お天気がいいので、今日は3人で食材の買い出しに出てみた。
オランダのスーパー=アルバートハイン。ここでは完全に独占企業。

CIMG2223.jpg

このベビーカー・・・おんぼろ+2人分の重みで操縦が大変。
狭いお店の中を歩くのに汗だく。

CIMG2224.jpg

帰りにゴミをコンテナごと釣り上げて回収するトレーラーを目撃。

ランチはアボカドごはん。2人ともやんややんやで作る余裕なし。
ランチの後には近くの公園へ散歩に出かけた。

CIMG2248.jpg


CIMG2249.jpg

この後、なかなか家のドアの鍵が開けられなくて5分くらい悪戦苦闘。
しかし、こういう場面は今まで何度も経験しているので、誰にも連絡する手段がないし、気長にやりました(笑)
ほんと、携帯のない生活って怖いわ~でも、それもまたよいわ。

万結は「先生にお願いしようよ!!」ってアドバイスしてくれたんだけど・・・先生ってだれ?
ショッピングデーは木曜日
休むときには休む!
日曜日はお店は休む!いつだったか、日曜日を営業日にしようという住民投票が行われたが、反対多数で否決とか?
もちろん、観光地やアムステルダムは違うと思うけど・・・。

そんなオランダ第4の都市ユトレヒトは木曜日だけ夜9時くらいまでお店を営業するショッピングデー。
ミッキーの冬服も揃えぬまま来てしまったので、衣料品や生活用品を買い出しに駅まで行きました。
円高のおかげでかつてないお買い得感でお買い物できています。

勢いよく出かけたものの・・・抱っこひもでミッキーを背負ったパパはすぐに疲れてしまい、私はすべてオランダ語表記でシャンプー一つも選べず、薬局でそれらしき粉ミルクを買い、量販店のHEMAでミッキーの服を買い、V&Dとかいう百貨店でまゆとミッキーの服をちょっと買っただけでお買いものは終了。
晩御飯をテイクアウトして帰宅しました。

まずはミッキーをベビーカーに入れるなりしないと、ゆっくりと買い物できそうにない(笑)

日本では、日本語表記だけの商品が多く、外国人はさぞ不便だろう・・・と憂いていた。
オランダはEUだし、英語は当然併記してあるもんだと思いこんでいた・・・ら、完全にオランダ語。
ドイツ語に触れたことのない私は、全く想像つきませんよ、どういう意味なのか?
買った粉ミルクはとにかくstandardで6-8monthというところだけ分かって買った。
作り方の説明すら、spoonとは書かれていないんですわ。でも、spoonの意味なんだろうね・・・って感じで。
単位、数値の部分で理解するしかない。

アルファベットがたくさん書かれた中から、わかる英単語を見つけ出す作業・・・めちゃイライラしまっせ!
よくわからないものにお金を出したくないから、シャンプー一つ選べません。シャンプーはわかるけど、違いがわかりません。
せっかくのオランダ生活、なんか面白いものないかなーと思っていたんだけど、意味がわからないと買うに買えないね。。。
ちょっと最低限のオランダ語を覚えないといけないみたい。

懸案のEMSについて。
今日朝いちばんに発送した郵便局に電話で問い合わせて、番号をゲット。
検索したところ、昨日ユトレヒトについている模様。今日大学に届いていたらいいな♪
ちなみに、日本から2日でなんて到着してなかった。6日かかってた。2日間で届くなんて妄想表記はやめてほしい。
空気の澄んだ朝
朝、滞在先のおうちの近くの公園を散歩しました。
吐く息が白い・・・。足元がひんやり。

CIMG2165.jpg CIMG2163.jpg

ミッキーはパパのしょいこ。出発前にジャケットを名取のゆうもくんから譲り受けました☆
帽子はあさゆうママから頂いたお下がり一式に入っていた女児用帽子。万結は頭が大きいので入りません。

万結のファッションはオランダ人からすると、かなり奇抜なようで・・・皆に見られます。
きゃりーぱみゅぱみゅ的な3歳児。オランダでは流行っていないようだ(笑)

以前、パパはユトレヒトに住んでいたので、いろいろと道を教えてくれるのだけど、景観が整い過ぎて目印に乏しく、どこを見ても同じ風景に思えてしまう。さっぱり方角がわからない・・・。

CIMG2175.jpg

まゆは今回の滞在先でグッドさんのお子さんの部屋やおもちゃをそのまま使わせてもらうことになり、うれしくてしょうがない様子。今朝、寝起きざまにクローゼットに向かって歩いていき、「まゆ、あっちの部屋に行きたいっ!」と言い出すほど。
一日に何回も「オランダ、楽しい♪」って言って喜んでいます。が、連日、原因不明のじんましんが手や顔にできては消えています。急激な環境変化に体はついていってないみたい。

で、その借りたおもちゃで遊ばれているミッキー。トナカイさん。

CIMG2178.jpg

ランチはごはんを炊いてチャーハンとスープを作りました。ライスクッカーがあるのはすばらしい。

ここまでいいこと尽くめでしたが、パパが大学から戻り、大学宛に送りつけていたEMSが発送後1週間以上もたつのに届いていないことが判明しました・・・。そして、今やEMSは日本⇒オランダは2日間で届くというので、安心しきっていた私は送り状の控えを日本に置いてきてしまい、すぐにはトレースできない。荷物の中にはミッキーのミルクなんかが入っていたんだけど。
最悪、どこかで荷物を紛失したことも覚悟せねばならない。
EMSでいまだかつてロストを経験したことはないのだけど・・・?
1万円もかけて荷物を送って、荷物まるごとパー?勿体なさ過ぎて耐えられない。
ステイ先
朝7時半ごろ、今回滞在するgerrit&patty夫妻のおうちへ到着。
ご主人のグッドさんはオランダ人×日本人のハーフ、奥様のパトさんは日系2世のアメリカ人で、4人の子供たちがいるのだが、奥様は里帰り中のため、お部屋を使わせてもらうことになった。(オランダ人は自分が不在のときによく人に家を貸す)
4人の子供たちも不在なのだが、一番したの女の子の名前がなんと!Mayuちゃん。

CIMG2159.jpg

縁があるんでしょうかね。オランダで借りた家の子もまゆちゃんだなんて。他の3人はミドルネームは日本名だけど、ファーストネームが日本名なのは、Mayuちゃんだけなんだって。

昨日はあいにくの雨・・・車はレンタルしないので、歩いて買い出しに。

CIMG2152.jpg CIMG2150.jpg

オランダは何でも造りが巨大だというが、一番特徴的なのがポストだと思う。
子どもが投函できない。。。
ミッキーはベビーカーに乗せて。カバーが形にあってない・・・ため、ペトリ。

CIMG2151.jpg

でも、楽しいらしい(笑)
生まれてからあまり刺激を与えて育ててこなかったミッキー。いきなりの海外でかなり驚きの連続のはず。。。
CIMG2147.jpg

震災前にみきちゃんからお祝いにもらった服がちょうど寒いオランダ行きにぴったり。
セントラルヒーティングのオイルヒーターでそこそこ暖かい室内だが、オランダ人は暑がりなので、日本人の私にはちょっと寒い。たぶん、床を這ってるミッキーは寒いはず。薄手のフリースが必要です。

CIMG2158.jpg

昨夜は夕方から寝ちゃって家事放棄(笑)
グッドさんが単身生活で作り置きしていたパスタソースでごはんを作ってくれました。
ごちそうさまでした。
オランダ人の食生活は極めてシンプル。あまりおいしさは追及しない。品数も多くはない。が、このパスタの味はおいしかったです!ごちそうさまでした☆
無事に到着しました!
やーなんとか24時間くらいかかってオランダ(ユトレヒト)に到着いたしました。
はぁ~34歳目前の体には応えるわ(笑)

福岡⇒香港3時間、乗換えに5時間、そして香港⇒アムステルダム11時間40分。

香港・・・人生初の中国でした。これまで香港は中国ではなく、ずっとずっと近代化された場所に違いない、それは英国(?)とさえ思っていたが、やはり中国だった。シンガポールの方がやっぱり快適度数高いかも。
というのも、授乳室にはお湯とかはなく、おむつ替えのベルト付き台と手洗い洗面のみ。よって、そこに流れる水も飲み水には不適とかかれていて、かなり痛かった。シドニーの空港にはお湯はないが、レンジがある。から、お水を持ち込んで温めることは可。水道水が飲み水でもないから、哺乳瓶を洗ってすぐに使うにも、別のお水で共洗いしないといけない感じ。
長時間の移動で哺乳瓶を使い回すのに苦労しました。
Informationで聞いても、「お湯は・・・スタバでもらえば」と。頼めば対応してくれるからいいけどね。

中国人は産後の復帰が早い。2か月なんてフツーだ。なのに・・・ミルク育児に適応した作りになってないじゃないか!!

さらに、早くからゲート近くで待機していたら、ふと近くにいたオランダ人らが消えていることに気づき・・・ゲートがえらい遠いところに変更になっててぎょっとした。
まゆを歩かせるのが大変・・・。空港でお昼寝に突入しなくてよかった。

今回はキャセイを利用してますが、バシネットが「飛び出し防止ベルトなし」だったので、なんか機体が揺れるたびに心配になっちゃって、(もちろん、ベルト着用時は抱っこ+ベルトがルール)例によってほとんど寝てない状態。

そして到着したアムステルダムでは、予約時に頼んでおいたチャイルドシートはまったく装備されておらず、「なくていいの?」というパパの質問にも、タクシー運転手は耳を貸してないし、あれれ??でした。やっぱりオランダ人も超テキトー。
周りを見るとほとんど日本車が走っておらず・・・オランダはオーストラリアともまた全然違うことに驚いたのでした。
しかし、タクシーはベンツ車で作りが面白く、音が静かで快適でした。

先ほど夕方からミッキーと爆睡させてもらい、ハッピーな気分になっていたら、「時差ボケで、夜中に子供たちが起きたらどうすんねん!!」とパパにしばかれました。やれやれ。