コアラのハンモック
2017年 子育て経験を少しずつキャリアに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鼻から母乳
だいぶ更新が遅れてしまった!
一ヶ月健診でもとぷーは4660gになり、母乳は卒業してよいとのこと。
けれど、頻回になったときに、やはり足りない感じもあるし、上の2人を連れ出すとき、ばぁばにもとぷーを預けた場合には、ミルクがあると助かるので、なくなるまでは活用することに。量は少ないから、おやつ状態だけど。。。

母乳は間隔が開くとよく出るようになり、今日はげっぷ出さないまま、オムツ替えしたら、鼻と口から母乳が吹き出した(^_^;)
あぶない、あぶない。。。
でも、吐くほど出るようになったから、母乳育児の面では安心してます(笑)
スポンサーサイト
とばっちり
こちらに来て、いつも実家にお菓子が溢れていて、食べたい放題。
なのに、同じものが2つないと、姉弟で紛争勃発‼︎ 飽食の時代になぜ争う??

昨日は夕方、駄菓子屋に連れて行って貰ったまゆが隠しておいた20円チョコをミッキーが見つけ、紛争勃発。

私がガーナミルクチョコを見せて、これをミッキーにあげるから、20円チョコはまゆに返すように促す。。。

こっちの方がいっぱい食べれるよ!と。
すると、ミッキー、チョコを放り投げた。
までは良かったが、パチり、とチョコの落ちた先はもとぷーのこめかみ。

おーいっ((((;゚Д゚)))))))
私が抱っこしていたのだが、まさかの展開。やめてー赤ちゃんに当てないでよ〜!とアタフタしていたら、次の瞬間、、、

ガーナミルクチョコのアルミ包装を全部めくって、ミッキーが丸ごとかじり付こうとしているではないか!

ダメ〜‼︎全部食べちゃダメ〜‼︎
返しなさい!と叱り、ばぁばが取り上げると、ミッキーは逆ギレ。
返せー❗️と大泣き。

もうええ加減にしてくれ。
とばっちりを受けるのは3人目。
かわいそう。


床上げ
お産から3週間、ようやく床上げ。
毎日毎日、授乳の自主トレな日々。
だいぶ出るようになってるが、もとぷーも着々と成長していくので、いつまでも口をパクパクさせてるときには、ミルクをちょい足し。
病院からもらった小さい缶ももうすぐなくなるなー、新しいのを買わねばと商品検索をしてた。すると、今使ってる森永のはぐくみはラクトフェリンが入ったミルクらしい。ラクトフェリンは母乳に含まれるタンパク質で免疫効果のある物質。そんな気の利いたミルクがあったとは。ミルクの種類も成分も微妙に違うものなのね。

今までは、便利な固形のほほえみとか、値段の安いはいはいとか、使ってましたが、成分を比較すると面白いかもしれません。

今日から?明日からは少し歩きたいなー。
産前によく歩いたので、足はぷよらなかったものの、やはりお腹周りのたるんだ皮は見るに堪えない。。。それでも自主トレ効果でヘソは中に引っ込んだし、ぽっこり出ていた赤ちゃんの抜け殻脂肪はどこかへ消えた。妊娠の➕11kgからすでに➖7kg。歳のせいか、第一子、第二子より早いペースで体重が落ちてるよ。やつれ??
GWとパパの育休
パパは24日の夜から福島にやってきた。
そのおかげで、25.28.30.1.2.の5日間を育休として、25日から12連休もお休みを取得し、実質12日間の育休になった。

さすがの私もそこまで計算はしていなかった。私よりも上手のもとくんであった。

名前はいろいろ悩んだ、、、ということでもなく、夫婦で一字ずつ選んでがっちゃんこ。1人目は女の子だから、私。2人目は男の子だから、パパという仕分だったが、3人目はフェアに半分半分。

そして、もとふみに決まった。
ここでのニックネームはもとぷーに(笑)
よろしくね(^_−)−☆
5日目で退院
25日の出産から5日後の30日、無事に退院しました。

今回は1日目、2日目とだいぶ長いこと母子別室で、授乳に通うことも少なかったので、スタートが遅れ、、、退院前日に、懸念を感じた助産師さんから、母乳の量が少なく、赤ちゃんの体重が減ってると、先生が退院させてくれないんだよ、と教えてくれました。

じぇじぇじぇ!そうなの??
なら、早く言ってー、それは困ると、テスト前に出題範囲が広がったときの気持ち。
一夜漬けで間に合うのか?

午後から授乳の合間に搾乳して、直接授乳量を計測し、搾乳分を哺乳瓶で飲ませ、さらにミルクを調乳して飲ませる。

ほんとはミルクを足したくないが、体重が増えずに退院できないのも困る。
ここは妥協して、院の方針に従う。

なーんにも考えずに、医師の人数も多く、分娩数の実績もあり、昔からある地元の産科だというだけで選んだが、なんと完全母乳推進系ではなく、むしろ体重管理を目的としてミルク推奨系だったとは。

母子別室でいる間、これってサボり過ぎてない??と思ってたけど、その通り!
ちゃんと自分に返って来ました。

退院前夜は悔し涙が出るほど(笑)でしたが、その助産師さんの指導のおかげで、退院当日は体重も少し上向きになって退院することが出来ました。

経産婦ゆえに5日間で成果を求められる、なかなか辛い入院生活になりました。
もちろん、後陣痛で這いつくばってる間は休めて助かったのですが。

私的には、母子同室でしんどくても、退院までに母乳育児を軌道に乗せてくれるところが好きかなーと思いました。

病院の方針ってこんなに違うもんなんですね。すごく勉強になりました。
健全なお産ですらこうですから、病気を治す際の病院選びなんて、ホントは凄く重要なんだろうと思います。

日頃からの情報収集、大事ですね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。