コアラのハンモック
2017年 子育て経験を少しずつキャリアに
月齢2か月
毎月25日はもとぷーの月齢誕生日。
先月・・・とくに何もないまま終わった(笑)
今月は??

結局、完母は程遠く・・・もとぷーの胃袋を補うように、ミルクの量も増えている今日この頃。

授乳中はお月のものが来ないというが、3人目にしてもう一つ不思議な現象が起きている・・・わき毛が生えない(笑)
正確に言うと、ごく一部しか伸びない・・・処理要らないくらい。それって、どういうこと??
私、いろんな意味でエネルギー余ってないってこと??

もとぷーの生誕60日目の話題としてはふさわしくないか。ごめんよ、もとぷー。
スポンサーサイト
悲しいニュースを見るたびに
先日の報道で某虐待事件のニュースがあった。
言葉も話せる年頃になって、ママに置いてかれて、パパにごはんももらえなくて、最後の命の綱も断ち切られて死んでいった子供・・・社会から見えないところで起こっている事件の数々。

それに、見ず知らずの男の誘拐・殺害事件の数々。

虐待事件の真相を知るたびに、やるせない気持ちになり・・・けれど、自分にできることはなく、ただ、私は目の前にある自分の子を大事に育てることしかできないと思う。
もし、落とした命に意味があると考えるなら、こうやって、一人一人が目の前の子どもを真剣に育てなくちゃと気持ちを強くすること、それしかないだろうと思う。そうすれば、やがて育った子供たちが、そんな事件を起こさない人間に育つだろう。

誘拐事件に関していえば、とにかく、殊、女の子には自分が傍からどう見られているか、よく考えて行動するように教えなくちゃいけない。「変なおじさんには注意」じゃない。「おかしなことを言うお兄さんにも注意」だし。ママのことを引き合いに出して連れ去ろうとするかもしれないし、あらゆるリスクを子供と一緒に話合っておいた方がいい。

親も、子供が人気のない場所を通るときにはどのように行動すべきか、エリアによっては、本当にGPS付けてもいいくらい。通学路に監視カメラをもっと設置するとか。やれることはあるはず。今は都会より田舎が怖い。

シドニーでみんな親と登下校しているのを見ているせいか、日本の安全神話というか・・・子供の一人行動が心配でならない・・・。田舎でよくある集団登下校はとくに下校時はありかなと思う。最後の1人になる地点には親が迎えに出るとかね。



伝染るんです。
数日前の母からの電話・・・「私にうつったの!ウソウソ、たけ(弟)にもうつったの!!」
何の話??まゆとミッキーの水いぼが弟にうつったのか??

どうやら、うつったのは「妊娠」らしい。

実は双方の家族、まず、義理の妹が昨夏に妊娠発覚→私も妊娠発覚と2人の妊娠が続き、春に出産。
その後、もう一人の義理の妹の妊娠が発覚→うちの弟の相方の妊娠が発覚。それぞれ、12月末と1月中旬予定日。

思わぬベビーラッシュだが、今、団塊世代の子のベビーラッシュで「出生率」も上昇しているらしいではないか。
確かに我が家の出生率は上昇中だ。

めでたい、めでたい。

ところで、私が福島滞在中に弟の相方が体調不良で仕事をお休みした。
私はすぐさま、「妊娠じゃね?」と疑いをかけ、「妊娠じゃないとわかるまでは薬飲むな!」だの何だの、お節介な口出しをした。けれど、弟は真っ向否定。なんだか残念だわ~と思っていたが、どうやらそれが妊娠兆候(体調不良)だった模様。
女の勘よねー。
これからも弟夫婦にうざがられても、お節介おばちゃんでいるからね♡
弟くん
来月からの入園を前に、手作りもの以外にもいろいろと買い揃えるものがあることに気付く(笑)
考えてみれば、弁当箱も水筒も、お姉ちゃんが使っていたものの使い回しとか、水筒もペットボトルで代用とか。
ミッキーのために男の子用を用意したことなんてなかった・・・そして、お姉ちゃんに買ってあげてお下がりで使っていた弁当箱なんて・・・もう壊れておもちゃ箱行きになってたし(-_-;)

改めて買おうと思うと、キャラクターにこだわりがなくピンクであればOKだったお姉ちゃんとはちょっと違って気を遣う。
本人は気にしないが、本人が「自分のはコレ!」とわかってくれないと困る。。。
2歳の保育園で先生が持ち物を全部ケアしてくれたのとは訳が違う。これからは他人のものと自分のものをちゃんと見分けてもらわないと31人クラスでは大変なことになる・・・。

そんなわけでお手頃価格で、本人が喜びそうなキャラクターグッズを汚れが目立たない色で・・・とか男の子特有のポイントがある上に、男の子のって種類が少ないから探すのが大変(笑)
アンパンマン好きと言っても、それが年長まで続くとは思えないし。

7月からはプールもあるし、お姉ちゃんだけ古いの(←ミスドの景品)って訳にも行かず、新しく2つプールバッグを買いました。やれやれ、しばらく初期費用がいろいろとかかる見込み。とほほ。
消費税増税分、一人1万円って…少ないんでない?と思うのは私だけでしょうか。
幼稚園入学を前に。
ついつい発達障害を疑ってしまうミッキーだが、最近は言葉も文章もいい放しではなく、会話らしくなっている。
そしてやたらに数字や図形に強いあたりも、ときどきむかつく。

テレビを見ている音がうるさいので、音量を低くしようとしたら、「ダメーッ!!1と7なの!!」(音量が17であったのに変えるな!と言いたいらしい)よく覚えているな。面倒臭いヤツだ。

昨日は近所の薬局まで散歩。
帰り道できゅるるるる~(私のお腹の音)。ちょうど私のお腹あたりがミッキーの耳の高さのため、よく聞こえたらしい。
「ママ、お腹空いたの~?」
「ばれた?ミッキーは?」
「ミッキーもお腹空いた~お腹ペコペコ~♪」(お腹ペコペコ~は寝る前にも言いだすので、要注意だ)

三歳児健診では視覚・聴覚の検査があるので、事前に練習(チェック)。
イヌを指し、これはなあに?と聞くと、
「あひる」
てめーわざとだろ!!

と、なかなかボケ力も付いてきた。
コミュニケーション能力が上がった証拠だ。
鬼か仏か。
大学時代、すぐに単位をくれる先生を仏、すぐに落とす厳しい先生を鬼と呼んでいました。
なつかしいな~。
私は2浪して大学に入り、夫(同い年なのに、先輩)と出会って、こうして今(子供たち3人)があることに・・・
「2浪して良かった??」と考えるのですが、さすがにそれには辛いものがあります(笑)
若いうちの失敗はいいんです。人生の肥やしにしかなりません。たぶん(笑)

さてさて、京都に来て数日、さっそく、頼りのパパは「1泊で調査行っていい?」と聞いてきた(聞いてきたのは先週)。
コイツは鬼か!?と思いました。

けれど、無理して日帰りに替えて。(朝3時に起きて出ていきました。そして私も5時に起きて、ブログを更新してるー)
昨日も頑張って19時半に帰ってきて、風呂、食器洗い、洗濯、本読み(ミッキー)とバリバリ家事をしていました。
妙にテンション高いのが気になりましたが・・・。
やっぱり仏だったのか。

私も帰京して2日目に保育士試験のテキストが開けたときは、「素晴らしい!」と思いました。
夫のサポートがあれば、精神的もテキストに目を向ける余裕ができるということか。
(首が座っておんぶできるようになれば、二宮金次郎になれると思うが)

けど、産後の入院中にいろいろと必要なものを持って来てもらったとき、荷物にテキストが入っていたときには・・・絶句しました。「入院中も暇だろうから、勉強しとけ!」というメッセージが伝わって来ました。
あの・・・入院中に勉強しとるお母さんはいないと思うよ(-_-;)

鬼、ときどき仏。
ま、私はずっと鬼嫁ですが。
スケジュール管理
京都に戻り、まゆさんが幼稚園に復帰。
パパが洗濯と風呂を担当してくれてますが、3人の世話に時間管理が大変(^_^;)
ブログの更新がますますきつい(笑)
赤ちゃん訪問、3歳児検診もこれから。
唸り屋ベンゾウ
真夜中の授乳で、なんとなくネットをチェックしてしまう。前の記事、はい、あさゆうママ指摘のとおり、ミスってました(^_^;)
ミルクをやめていい、って話(笑)

言い訳をすると、福島に来てからブログの更新はスマホでしているが、たびたびスマホをミッキーに奪われるため、集中して打つのが難しい。さらに、ブログを更新する余裕も極端に無くなったため、文章は一気打ち。どんどん質が落ちてる気がするねーヤバい、ヤバい。

写真も加工する暇ないし、もとぷーも顔がわれない表情のものを採用したり(笑)そうは言っても過去の内容では姉と兄はすべてOpenなのにね(^_^;)

さて、もとぷー、授乳すると便意を催し、顔を真っ赤にして唸る。それが結構長いことやってて、何だかずっと唸ってるみたい。文句の多い子、って風(笑)
唸り屋ベンゾウ、って呼んでる。
こうしてる今も、横で唸ってる。暗闇で。
出ないと熟睡出来ない??というのは困る。大丈夫かな??便秘ではないが、まゆと顔が似てるし、便秘になり易い体質なのかもなー。

それにしても、赤ちゃんのおなら、爆音過ぎてビビる。ジィジばり。おならの音は大人以上(つД`)ノ
かわいい顔して 響き渡るよ おならの音


写真はベンゾウ的な表情(笑)
モーレツな暑さでUNIQLOのメッシュ肌着を採用。今年は仮面ライダーガイムの影響か?フルーツ柄なのね(笑)いちご、みかん、メロンがあった!けど、さすが、メロン柄60cm売り切れ。毎年売ってる星柄になったorz 残念‼︎