パパとの11日間☆クリスマス・イヴ

23日・24日と福島駅前のリッチモンドホテルに滞在した私たち。
タダでさえ狭い実家がリフォーム中で大変な狭さになっているので…しかもサブい。
ホテル住まいは狭いけれど、暖かかったです。

24日は癒しを求めて飯坂温泉へ♪
福島市からは土湯温泉、高湯温泉、飯坂温泉が近い。
足を伸ばせば、岳温泉なんかもいいんだけど…雪深いゾーンになるので、今回は飯坂で。

向かった先は摺上川に程近い「花むら」という小さなお宿。

いつも使う「じゃらん」で日帰りプランを探したら、そこがお得だった!
予約してから、温泉でないことに気付いて少しへこんだけど(笑)
妊婦には温泉は強すぎるから、ヒノキ風呂(沸かし湯)でもよしとした。
しかも、家族で貸切風呂。
万結は大喜び。

(11時~15時の滞在で、お部屋食付きで一人3150円。じゃらんのポイントで-600円でした。)


画像 018

お料理は会席です。
うーん、酒の肴系づくし(笑)
でも、ノンアルコールビールは置いてなかったので、烏龍茶で。

画像 021

これにさらに揚げたての天ぷらとデザートが付きました。

画像 020

これが福島の名物「阿武隈の紅葉漬」。
って言っても、昔からなんか米こうじを敬遠してまともに食したことがない…。
今回初めてまともに食べたけど、くせのない味だった。
ちなみにこちらは自家製の紅葉漬けで塩分控えめだそうだ。

画像 022

味噌田楽♪
こういうの、好き。ちょっとずつ…こんにゃくとかお豆腐とかヘルシーだし。

画像 023

そして、これまたヘルシーな自家製つけもの。
ピーマンとかフルーツカボチャ(だっけ?)、にんじんの歯ごたえが好き。

画像 024

すまし汁もさっぱり。

とてもご飯まで食べる余裕がなかった…お腹はちきれそうだった。


で、なんだか食べれるものがない万結さん。

紅葉漬のいくらを少々…そして、何を思ったか、天ぷらにあった「たらきく(しらこ)」にかぶりついた…。
一口、また一口。
まんざら嫌いじゃない味だったらしい。


恐るべし2歳半女子。
そんなに精付けてどうすんねん。


画像 030


夜は実家からホテルに向かう途中で福島市街のパセオ通りにドロップしてもらい、田舎の微妙なイルミネーションを見て帰りました。


画像 012


画像 013


画像 007


画像 017


天気が悪かったので、人通りもまばら。
24日なのにぃ??
まーよく見るにつけ、気合の中途半端な福島のイルミネーション…。

子供にはウケるからよしとしよう。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

koalamok

Author:koalamok
2007年正職員を辞め、シドニーで主婦生活、第一子出産。帰国後は福岡へ。2011年震災前に福島で里帰り&第2子出産。2012年より京都に転居し、2014年に第3子をもうけ、2015年独学で保育士資格取得後に保育士勤務開始。3年目になりました。まだまだ経験足りません(涙)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
原発・核のない社会を!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
リンク
QRコード♪
QR