スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はい?原発を輸出だと?

政府は脱原発と言っている最中に、海外に原発を輸出しようとしているとか。
マジですか?
トルコも結構、地震ありますよ。

自国で原発事故を起こし、その収束もままならない(技術的に遅れている)状態で、どうして原発技術を輸出することができるんでしょう?
そんなの、あと50年後くらいにしてくださいよ。

でも、50年あったら、もっと安全な代替エネルギー源が利用できるようになっているかもしれない。

トルコの子供たちにも安全な未来を。

脱原発は世界で取り組まねばならない課題です。

原発輸出にも当然、NO!です!!!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

今回の地震が起きたときに、メキシコの原発について考え直そうということで、ラパスの人と一緒に千羽鶴を折ったよ。5000羽くらい最終的には集まって展示したよ(私は展示には関わってないけど)。たくさんの尊い命が犠牲になったからには、将来に向けての教訓にしたいと思うんだけど。

メキシコ人は言ったよ、「今回の地震による原発事故は日本だったから、わが身を犠牲にして昼夜改善に向けて働く人がいたと思う。メキシコだったら、みんな逃げてて制御不可能になってるよ」。

Re: No title

そうだよね。
なんか全国民が必死に自分にできることをやろとして、節電に取り組んでいるし、ほとんどの人(原発関連の事業に絡んでいない人)は脱原発を支持していると思う。50年前の大震災なら、津波と地震の被害だけだったのにね。そこが、今回の震災のある意味で新しい教訓の部分なんだけど、その意味を「人類の歴史」の中でとらえられるかどうか、なんだと思うよ。目の前のことだけだったら、経済最優先で動かせばいいんだもん。核廃棄物は将来の技術をあてにして、地下に埋めとけばいいんだもん。
でも、それはあまりにも無責任だよね。負の遺産もいいところだよ。

昨日は広島原爆の日でした。再び首相が「脱原発」について言及したようです。メディアは冷ややかでした。
けれど、何度も何度も唱えていれば、やがてその想いは強くなるし、私はダメ首相の発言だろうと何だろうと、この国の首相である限り、そこは評価するよ。

----

逃げる逃げないの話だけど、結果的に日本人は逃げなかった。
でも、震災後にやった特集では、やはり制御不能になり、いよいよ爆発というときには、所長さんが「もう頑張ったから、自由にしていい」って現場の人に言ったらしいよ。逃げてもいいよって。
生きるか死ぬかって時だったみたい。爆発するから、放射能以前の問題で死ぬかもしれなかったみたい。
実際には、自衛隊の人たちで一部、大けがをした人がいただけで済んだけど…。

今も何シーベルトも浴びながら、作業に従事している人が何百人もいるよ。
これから数十年かかる作業だっていうけど、若い人たちの中で、収束作業にかかわっていこうという人はいるだろうかね?私は心配だよ。世代が違えば、考え方も違う。身体を張ってやるかな?

ただ、今回の震災を受けて、「原子力」の分野に身を投じて収束に貢献したいと思う研究者は増えるだろうね。
たとえば、人の手に代わるロボット、材料(鉛に代わる材料とか、特殊繊維など)、除染方法。
放射線と戦う術を何とか開発したいという想いは強まっていると思う。
長期的にはそういう技術力がものを言うと思う。



> 今回の地震が起きたときに、メキシコの原発について考え直そうということで、ラパスの人と一緒に千羽鶴を折ったよ。5000羽くらい最終的には集まって展示したよ(私は展示には関わってないけど)。たくさんの尊い命が犠牲になったからには、将来に向けての教訓にしたいと思うんだけど。
>
> メキシコ人は言ったよ、「今回の地震による原発事故は日本だったから、わが身を犠牲にして昼夜改善に向けて働く人がいたと思う。メキシコだったら、みんな逃げてて制御不可能になってるよ」。
プロフィール

koalamok

Author:koalamok
2007年正職員を辞め、シドニーで主婦生活、第一子出産。帰国後は福岡へ。2011年震災前に福島で里帰り&第2子出産。2012年より京都に転居し、2014年に第3子をもうけ、2015年独学で保育士資格取得後に保育士勤務開始。3年目になりました。まだまだ経験足りません(涙)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
原発・核のない社会を!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
リンク
QRコード♪
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。