コアラのハンモック
2017年 子育て経験を少しずつキャリアに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
複雑
今日は以前から番宣で必ず見よう!と思っていた「NHKスペシャル 不妊治療~卵子老化~」を見ました。

私はいつからか「35歳から卵子の老化が始まる(いや、正確には老化は始まっているのだけど、危険水域が35歳)」という認識でいました。
しかし、実際には前の職場で40歳で管理職になってから(キャリア重視で)しっかり第一子をもうけていた女性社員がいたし、シドニーでは44歳と60歳のカップルで第一子をもうけていた夫妻がいたし、40歳になっても、元気な人は元気。できる人にはできると楽観視してた。

その一方で、自分自身には自信がないので、30歳までに第一子という目標は漠然と持っていた。
そのくせ、浪人はするし、大学院なんかでふらふらモラトリアムしてるし、就職する頃には26歳。
氷河期の就職だったのに、3年で辞めるという・・・結果的には初期目標への回帰。

けれど、今、自分の人生に満足しているか?と言われれば、キャリアの面では絶対NO!
けれど、布団に転がる2人の子供・・・それは確かに、キャリアだろうが何だろうが、実際問題、何物にも代えがたいもの。

やっぱり、あの状況・・・夫はシドニーで働くという中で、私が東京に残り、別居婚し、いずれ私も海外赴任で途上国行・・・が見えている状況では、とても子供なんて授からないと思った。
正直、夫なんてたまに会えばいいけど(遠恋には慣れたから平気)、それでは子は得られない。
それこそが私にとっての大問題。

かといって、自分の仕事の都合で、相手を替える?そんなことができる器用な(器用な・・・は違うな。誰にでも受け入れてもらえるような)人間ではありません。
やっぱり仕事辞めて付いていくしかないよなぁ・・・。そういう決断。

「仕事より結婚!」なんてとんでもない。
結局、「仕事より子供!」という選択だった。
幸い、すぐに妊娠、30歳で出産という目標を果たす。
しかし、人生の目標はそこじゃないだろう?!フツウ。

何を言いたいのかわからなくなってきたが、結局、今の日本社会に何が必要かってことなんだけど・・・

キャリアはひとまず休憩して結婚・出産をしても、後からキャリアを積むことだってできるんだよ!
っていう女性のモデルが増えること!!
そうでないと、「卵子が老化するで~!!」って警告したところで、若い女性は結婚・出産になんて目を向けたりしないと思う。「結婚は早い方がいいなんていうけど、仕事をしないと、将来生きていけないし、夢が叶えられない。」それが本音でしょう。

って、書いたところで、やっぱり自分のような主婦がいるからよろしくない。
私は相当努力が足りないようだと気付く。反省。。。

おやすみなさい。
スポンサーサイト
コメント
コメント
No title
キャリアっていう意味では納得していないんかもしれないけど、コアラの選択肢は合ってると思うし、私がコアラの状況でもそうする気がするなー。すっかり30代に入ってしまった今、人生設計という大きな枠を考えると焦る一方で、そういう意味でも早く帰国したい気持ちが大きいわ。やっぱり女性にはリミットがあると思うしね、子供産むなら。子供産んだ上で復職するのであれば、余計にある程度体力無いと無理だろうし。

私は不器用やし、子育てと仕事を両立させる自信がないんだけど、せめて体力のある30代であればなんとかなるかもと思うの。となると、30代前半はキャリア!!!ってキャリアばっかり考えるんじゃなく、一度結婚・出産でキャリア街道から外れて、後からキャリアを積むっていう方が現実的な気がするんだけど、残念ながらおじさまたち上司はそう考えないようで、面談ではもっと真剣にキャリアアップを考えなさいというコメントがあったわ。。。組織には申し訳ないけど、今はばりばりキャリアを積む気には全くなれず、早く結婚して出産したいなーと思う。会社はキャリアアップは支援してくれるけど、人生を支援してくれるわけじゃないから、自分の人生は自分で道を作って、タイミングを間違えないように+逃さないように判断しなきゃ。。。よね。
2012/06/25(月) 06:23:24 | URL | ようこ #- [ 編集 ]
Re: No title
コメント、ありがとう。
なんだか女性ばかりいろんなことを考えて負担を負っている気がするのは気のせい??
おじさんたち・・・自分の妻は仕事やめさせてきた人がほとんどなのに、自分の部下には言うこと違うから困っちゃうよ。

確かに40代になってからの第一子はリスクが大きいし、ホルモンのバランスも崩れやすく、本当に旦那さん(とか親とか)のサポートが厚くないと、あの睡眠不足では「うつ」に陥ってしまう確率が高くなると思う。お産までの間も心配ごとが増えるし。よほどの精神力&楽観的思考の持ち主でないと。(Tさんの場合も大変だったみたいだけど、旦那さんがサポートしてくれてそうだったもんね。)

30代で思い切るっていう判断は正しいのだけど。けれど完全にキャリアのことを諦めるのでなければ、相手選びは大事だと思う。先日TVで登山家の田部井さん(福島出身なんだけど)のことを取りあげていたけど、ダンナさんのマインドが夢を成し遂げようとする女性にとっては最高よ。
うちのお母さんも「田部井さんは特別だー。ダンナがすごいんだもん。」ってな感じ。

奥さんがキャリアよりも結婚・子供!と決断する上では、ダンナの方もいつかキャリアを積み直せるように、ボクが全力で育児をサポートします!って覚悟してほしいわ。
口だけじゃない、本当に深い意味で優しい人と確信したら、素敵な結婚になると思います。
日本人にはそういう人、極めて少ないと思うんだけどね。

女医さんでキャリアはお腹いっぱいって結婚した友人がいるけど、なぜか第一子1歳前に復帰したよ。
(本人は第2子産んでから復帰を考えていたのに)
旦那さんは「もう働かなくたっていいじゃん」みたいな態度だったから、逆に焦ったんだと思う。
ああ・・・と残念な気持ち。(ああ・・・はそういう旦那さんへの愚痴を聞いたことに対してです)

このネタで一緒に飲んだら、一晩あっても語りたいないよ。(笑)

> キャリアっていう意味では納得していないんかもしれないけど、コアラの選択肢は合ってると思うし、私がコアラの状況でもそうする気がするなー。すっかり30代に入ってしまった今、人生設計という大きな枠を考えると焦る一方で、そういう意味でも早く帰国したい気持ちが大きいわ。やっぱり女性にはリミットがあると思うしね、子供産むなら。子供産んだ上で復職するのであれば、余計にある程度体力無いと無理だろうし。
>
> 私は不器用やし、子育てと仕事を両立させる自信がないんだけど、せめて体力のある30代であればなんとかなるかもと思うの。となると、30代前半はキャリア!!!ってキャリアばっかり考えるんじゃなく、一度結婚・出産でキャリア街道から外れて、後からキャリアを積むっていう方が現実的な気がするんだけど、残念ながらおじさまたち上司はそう考えないようで、面談ではもっと真剣にキャリアアップを考えなさいというコメントがあったわ。。。組織には申し訳ないけど、今はばりばりキャリアを積む気には全くなれず、早く結婚して出産したいなーと思う。会社はキャリアアップは支援してくれるけど、人生を支援してくれるわけじゃないから、自分の人生は自分で道を作って、タイミングを間違えないように+逃さないように判断しなきゃ。。。よね。
2012/06/25(月) 07:28:38 | URL | koalamok #- [ 編集 ]
No title
こんな特集があってたのね。知らなかったわ~。
卵子の劣化も個人差があるからなんとも言えないけどね。
結婚前に不妊で悩むなんて誰も思わないもんね。
私はキャリアには興味はないけど、また1から就職活動すると思うとゲンナリする。。。
産休制度なんて取れる会社はごくごく一部。実際は病気やなんだで難しいよね。
2012/06/25(月) 15:14:12 | URL | あさゆうママ #- [ 編集 ]
Re: No title
土曜日の夜21時半~っていうのが微妙すぎ。
私は23日の夜ってしか覚えてなかったけど、もう少し早い時間がよかったな~。
再放送とかやるんじゃないかと思う。

そうなの!そこ!
まさか自分が妊娠に困るとはだれも想像していない。
生理さえ来てれば排卵は必ずあると思っている。
余計なお世話でも、義妹や弟たちのことを心配してしまうよ。
田舎ではみんな早く結婚するし、福島は日本でも一位、二位の若産多産だと思うよ。こんな熟語存在しないけど(笑)
そこで原発事故だもん。日本社会ってどうなの?

産休制度は結局のところ、大手のor外資系の一部or公務員が使える制度だと思うよ。
私もキャリアという言い方をしているけど、偉くなりたいんじゃなくて、あくまで社会で働く経験という意味ね~。
もう学業でいうならドロップアウトしたようなもんだし。
長く働ける仕事に就きたいよ。歳をとってもつぶしのきく仕事が希望だよ。

今日、ギャル曽根が「野菜ソムリエ」だの「食育」だのの資格を持っていると知り、どうやって取る資格か調べたら、
お金のかかる資格だったよ(笑)響きのよい資格って、なんかお金かかるし、受講してちょっと勉強すれば取れそうな資格が多くないかい??

> こんな特集があってたのね。知らなかったわ~。
> 卵子の劣化も個人差があるからなんとも言えないけどね。
> 結婚前に不妊で悩むなんて誰も思わないもんね。
> 私はキャリアには興味はないけど、また1から就職活動すると思うとゲンナリする。。。
> 産休制度なんて取れる会社はごくごく一部。実際は病気やなんだで難しいよね。
2012/06/25(月) 16:19:18 | URL | koalamok #- [ 編集 ]
No title
重いね。

でも、子供産むまでは、当たり前だと思っていたけど、
結構、派遣さんで、子供いらっしゃらない方は多いよ。
あと、子供が出来なくて、離婚した人とか・・。
田舎はよくある話だろうけど、都会もあるんだな、と思ったよ。

あと、妊娠して病院言っていた時、前の人が不妊治療の
診察でさ、なんか、診察の内容聞こえちゃって、
重かった。。そうか、産婦人科って、妊娠だけでは
ないんだな、っておもいました。

相変わらず、生理は正確だし、体は丈夫だし、
でも、はたして、もう一人授かれるのか不安です。


自分は、最近色々経験してさ、家族は心と距離が
離れては駄目だと思いました。
だから、海外についていったのは間違っていないと思います。
私もそうすると思う。

これからどうする?
私も、今の仕事続ける自信はないんだよなあ…。
2012/06/25(月) 22:12:38 | URL | なかやん #- [ 編集 ]
Re: No title
確かに、派遣さんでお子さんいらっしゃらないように見える方、多かったですね。
NHKスペシャルでも言ってたけど、不妊の問題について話す機会がない・・・話せないというのは日本がダントツらしい。
けど、そのせいで、知らない人は知らないまんま・・・それは社会にとって負ですよね。
みんなの問題だもん。特に少子化・・・。

オーストラリアの例しか知らないから難ですけど、オーストラリアでは旦那さんが残業ばかりなんてことはないし、産休・育休は皆1年しっかり取るし、復帰後もフルタイムじゃない働き方もできるし、産前に自宅勤務していた銀行員もいたし、働き方の選択肢が多い。
女性が家庭でよく話合って、ベストな働き方を選ぶから、2人目・3人目のことも考えられる。

それって、女性が社会にとって重要な労働力だと認めて、また女性の機能を十分に生かし切ることが国のためになるってことをちゃんと認知されている証拠ですよね。
日本だけですよ、こんなに女性に対して閉鎖的なの。

ようこちゃんが言うように、会社は人生まで面倒見てくれない。それはその通りだと思います。
人事の方に、「シドニーと東京ではダメなのか?」って、立場上、そのようなことを聞かれましたが、ぶっちゃけ自分だったらどうよ??って逆に質問したくなりましたよ(笑)ああ、人事は私ら夫婦のことまで責任とってくれるわけじゃないから、そういう頭だけの、無理やりな話に乗ってはいけないなと思いました。

結婚っていうのは、基本、夫婦は一つ屋根の下で暮らす。一緒に暮らしてこそ、子が授かる。
一緒に子を育ててこそ、家族がまとまる。
夫婦それぞれ海外赴任でばらばらになって、うまく行っている夫婦をあまり見たことがなかったです。よね??
国内で単身赴任とは訳が違います。より溝は大きくなると思います。時差とか・・・きついですもん。
まぁ、夫婦の成熟度にもよるのかもしれませんが。

不妊の問題は、やっぱり最大限、今若い女性の中で出産を望む人たちが、卵子の老化にできるだけ直面しないように、早めの結婚・出産にたどり着けるように促すしかないですよね。
NHKの特番とか、TVのチカラは大きいから、もっとオープンにどんどん議論されるべきものだと思います。
自分自身が経験しなくても、娘がそういう問題にぶち当たるかもしれないんだもの。

> 重いね。
>
> でも、子供産むまでは、当たり前だと思っていたけど、
> 結構、派遣さんで、子供いらっしゃらない方は多いよ。
> あと、子供が出来なくて、離婚した人とか・・。
> 田舎はよくある話だろうけど、都会もあるんだな、と思ったよ。
>
> あと、妊娠して病院言っていた時、前の人が不妊治療の
> 診察でさ、なんか、診察の内容聞こえちゃって、
> 重かった。。そうか、産婦人科って、妊娠だけでは
> ないんだな、っておもいました。
>
> 相変わらず、生理は正確だし、体は丈夫だし、
> でも、はたして、もう一人授かれるのか不安です。
>
>
> 自分は、最近色々経験してさ、家族は心と距離が
> 離れては駄目だと思いました。
> だから、海外についていったのは間違っていないと思います。
> 私もそうすると思う。
>
> これからどうする?
> 私も、今の仕事続ける自信はないんだよなあ…。
2012/06/25(月) 22:49:54 | URL | koalamok #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://koalamok.blog59.fc2.com/tb.php/1771-8a11d59b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。