コアラのハンモック
2017年 子育て経験を少しずつキャリアに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうする一票?
この1週間は街頭演説している共産党の人がいたり、自民党の選挙カーみたいなのが宣伝活動していたり、衆議院解散に向けて騒がしくなってきたなぁ~という印象。

動きが停滞している国会には苛立つが、かと言って、衆議院選挙がどうなるのか、日本の政治がどうなっちゃうのか、無視もできない。

自民党に回帰か?と考えるのはじいさん、ばあさんだけで、やはり30代・40代にはそういう選択肢は少ないと(勝手に)思う。

では、野田首相に続投を望むか?ということについても、うーむ。それもまた微妙な気持ち。
だって、原発再稼働しちゃった人だし。

で、いきなり国政に殴り込みをかけようっていう維新の会はちょっと時期尚早な気がする。
実際、内部紛争が起きそうだ。
足元がグラグラの政党に、日本の政治は任せられない。

しかも、大目標が「大阪都構想の実現」。それは国の目標か?野党として活動してもなんとかなるだろう。
300小選挙区すべてに候補者を送りこもうなんて、人材がいないのに、数だけ稼いで中身がない。
野望にも程がある。
維新の会の動き、決断力、実行力は評価するが、要は人が…カリスマ市長は市長に過ぎず、国会議員ではないのに党首?厳しいよ…。国政に送り出しっぱなしになり、もし、離党だなんだで騒ぎになったら、本当に迷惑。
国政参加はかまわないが、野党として少人数でも活動して、ある程度実績を作って「安定感」を見せてほしい。

そこで、民主党がもし首をつなぐ方法があるとすれば、細野氏が党首になることくらいか?

民主党のイメージを一新し、それでいて復興事業において最重要課題の一つである「原発事故の収束」について、現在の方針を維持できる。
この二つを兼ね備えている人は細野氏しかいない。

顔を見るたびにモナの色がちらつく有権者も多かろうけれど(笑)、「維新の会」の勢いにも勝る「若さ」と「震災対応の場に関わったという経験値」で、この人になら一票入れたいかも?

と、ちょっと今朝、期待を抱いています。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://koalamok.blog59.fc2.com/tb.php/1853-b5c785e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。