コアラのハンモック
2017年 子育て経験を少しずつキャリアに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エセ自然志向。
先日、水曜日、グリーンスムージ用に小松菜を買いました。
その日はカナートで安売りしてて、袋に入っていない小松菜がわさ~っと、みずみずしく(ずぶ濡れのまま)山になっていました。一束98円!!これは買うべしと、びしょぬれの小松菜さんをビニールに持って帰ったのでした。

翌朝、一株取り出すと、土?とは思えないくらいの黒い●塊があちこちについていて、ああ…イモムシの糞っぽいな、とは気づいていました。

そして、2日後の今日。
ランチに、そろそろまとめておひたしにしちゃお!と取り出すと、さらに大きい●がたくさん付いてて、ちょっと注意しながら洗い始めました。すると、株間にうごくイモムシくん。しかも、特大サイズの!!
ぎょぎょぎょ…

体長約5cm、幅7mmほどのぷよったイモムシが生きてた。
どうりで葉が食われて穴だらけの上に、●(うんこ)がどっさりなわけだ。
んもーなんでヤツのうんこ処理をしなければならないのだっ

しかも、この子をどう処分していいかわからない。
触れないように、株の根元を分離して、ベランダのプランターに置いてみた。
ゴミ箱には捨てようがないし、殺処分はできないし。

イモムシを悪者にしてはいけない。とっても新鮮な小松菜だったのだから。
真のナチュラリストならば、喜んで、自然に感謝して、おいしい~!って小松菜を味わうはずだ。

けれど、調理済みの小松菜を見ても、「イモムシの食べ残しか…」「●残ってんじゃないのか?」とか緑の葉を見るだけで、イモムシを思い出してしまい、食欲減退。。。
気持ち悪いなんて思っちゃいけないのに、ああ…ムリ。

なんでこんなに後引くんだろう。
理想と現実のギャップに苦しむ、エセ自然志向のコアラであった。
スポンサーサイト
コメント
コメント
No title
イモムシさん、殺さず逃がしてあげて優しー
まー私もあまり殺したりしたくないほうだけど(ゴキブリはなんの迷いもなく殺せるんだけど)
その場に長男がいなかったら、その小松菜ごと袋に入れて密封して窒息死させちゃうことでしょう。
(旦那は戦力外。虫とかダメんず)

子供の頃は、ミノムシとか蚕とか、ヘーキで触ったりしてたのに、
大人になった今では、絶対無理です。

この前、ワイルドライフにいた蝶にも触れられなかったもん。
2012/09/14(金) 16:39:15 | URL | 紅緒 #0mOoEwjk [ 編集 ]
Re: No title
ぜんぜん優しくはないですよ。つぶす方がキモチワルイんですもん!!
放った後は行方が気になり、ずーっと観察してしまいました。
だって、うちに侵入されたら困るし(笑)

私は飛ぶ系がダメなんですが、この間、小さいコオロギが侵入してきたときは勇気を振り絞ってスリッパで外に誘導しました。たまに跳ねるから、ぎゃ~っていう気持ちを抑えるのが大変でしたー。

蝶なんて絶対ムリです!!
2012/09/17(月) 17:52:51 | URL | koalamok #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://koalamok.blog59.fc2.com/tb.php/1870-a9b00383
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。