スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うまれる~かけがえのない、あなたへ~

2010年に公開していたらしいドキュメンタリー映画「うまれる」を観てみたいのだが、入手方法がいまいちわからず。
本も出ているようなので、そちらを図書館で予約。
今日、取ってきて早速読んでます。


図書館でちょっと読んでみようと席に座って読んでいたら、お産の直前に赤ちゃんを無くした夫婦に宛てたクリニックからの手紙=「天国郵便局からの手紙」に涙してしまいました。
(すすり泣きするおばちゃん、きっと周りは気持ち悪かったでしょうね。)


---------月命日にクリニックから送られたぬいぐるみと手紙-------

おとうさん、おかあさん。
悲しい想いをさせてごめんなさい。
天国を出発する前、神様から
「おとうさんたちと一緒にいられる時間は短いですよ。それでも行きますか?」
と聞かれた時、ほんとうにショックで、悩みました。
しかし、あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て、地上に降りる決心をしました。

たとえ一緒にいる時間は短くても、
あなたたちの子どもに数えられたかったからです。
そしてわたしの夢はかなえられました。

いまわたしは、あなたたちと共に過ごした、
短いけれども楽しかった日々に思いを馳せ、
わたしに続き、あなたたちの家族になりたいというきょうだいたちに
あなたたちのことを自慢する日々です。

わたしは親戚のみんなと一緒に過ごしていますので、もうこれ以上、悲しまないでください。
そして、心から「わたしの選びは正しかった」と言わせてください。

わたしは永遠にあなたたちの子どもです。
そのことをわたしは誇りに思っています。

---------「うまれる かけがえのないあなたへ(豪田トモ 著)」より-------

「人は皆、両親を選んで生まれてくる」と信じるのとそうでないのとは、全然違う気がします。

どうやら、こちらの詩は天国郵便局からの手紙からの抜粋のようです。

一読の価値、ありです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

あー。この映画私も見たかったんだ!!
でも、自主制作らしく映画は作ったけどDVD化するお金がなかったらしい。
上映会用にフィルムの貸し出ししてるから、どこかの団体がやってくれるのを気長に待つしかないみたい。残念。

Re: No title

私が気付いたときには相当遅かった模様(笑)
2010年の時点で知っていれば、DVD無料配布していたのに。
とことこで上映会するとかね?

youtubeでも短編のがいくつか見れたけど、映画と全く同じではなさそうだし。
まぁ、でも本でも十分伝えようとしている内容はわかったし、ブログからも詳しく知ることはできそう。

ここのところ、虐待死のニュースが多すぎて、凹む…。

> あー。この映画私も見たかったんだ!!
> でも、自主制作らしく映画は作ったけどDVD化するお金がなかったらしい。
> 上映会用にフィルムの貸し出ししてるから、どこかの団体がやってくれるのを気長に待つしかないみたい。残念。
プロフィール

koalamok

Author:koalamok
2007年正職員を辞め、シドニーで主婦生活、第一子出産。帰国後は福岡へ。2011年震災前に福島で里帰り&第2子出産。2012年より京都に転居し、2014年に第3子をもうけ、2015年独学で保育士資格取得後に保育士勤務開始。3年目になりました。まだまだ経験足りません(涙)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
原発・核のない社会を!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
リンク
QRコード♪
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。