スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体罰って、あったよね?

今、世間のホットイッシューといえば、体罰。

体罰は小学生のスポ少では一切なかった。
当時のじいちゃん先生たちはすっごい怖かったけど、女の子に手を上げる人はいなかった。
でも、十分怖かったから、ちゃんと指導になっていたよ(笑)

ところが中学に行ったら、学校そのものが校則でがんじがらめ。
先生が生徒を信頼していないからだよね…と、常に疑問を持っていた。

クラスの担任は生徒が忘れ物をしたとき、全員立たせて、かたっぱしからビンタ。
ばっしん!ばっしん!
(そのとき、普段忘れ物だらけの私が、別のクラスからワークブックを借りていて、セーフ…)
けれど、よく怒られていたので、軽く殴られることは1回あった。
ちなみに女の先生ね…こわっ!

で、一度だけ、体罰がエスカレートする瞬間を目の当たりにしたことがある。

-------------

クラスのMくん。
先生に授業中に叱られ、「おまえはもう帰れ!」って怒鳴られて、本当に帰る素振りをしたのね。
先生は本当にカンカンになってしまい、Mくんの頬をビンタし始めた。
それが1回、2回、3回、4回…と15回~20回くらいは叩いたと思う。
途中から鼻血が出始めて、それでようやくその後数回でストップした状態。
ヒステリーで殴り始めて、血を見て我に返ったんじゃないかなぁ。。。

その間、私はもう心ん中が苛立ちで爆発しそうで、でも、男子も誰も止めないのね。
これ、私が一人で止めに入ったら、私が殴られるってことを想像しちゃって。
ただ、ただ、早く止めてくれー!って祈るばかり。

クラス全体がフリーズしてました。

で、長年、あれは「体罰」じゃなく、「暴力」だなーって。
あいつ、反省しとるんかいな?って。
未だに担任を恨んでます。
もうはっきりいって、この担任のことは一切信用していなかった(笑)当然だよね~。

ちなみに隣のクラスの先生はとってもいい男性教師で、生徒が悪いことをしたときの罰は「ノート何ページ分を勉強して提出」とか課題提出が罰則だった。罰も生徒の身になることをさせていた。
あーつゆぞこの先生が私の担任になることはなかった(涙)

ま、女性教師は男子生徒にバカにされないように必死だったのはわかるけど…度を超すと人間性を疑うわ。

---------------

で、話を戻して、部活。
部活でも1回だけ試合中に叩かれたことがあったと思う。
けれど、これは熱い先生が「指導」の範囲内でやったことだと思えるレベル。
1回くらい叩くように頭を押さえつけられても、言葉でフォローされていれば「体罰」とは思わない。

相手がちゃんと目を見て、何かを伝えようとしていれば、生徒は「体罰」だなんて思わない。

「体罰」と思われる指導者は、生徒を尊重しないでただ「体罰」を1回だけでなく、継続させるから「暴力」になる。

ヤワラちゃんは体罰を受けていないって言ってた。
指導者も、「できる子」&話をよく聞く「やりやすい子」には体罰しないんだよね。
相手を評価していれば、手は出ない。

結局、自分の都合のいいように、自分の指導力を「力」に頼ると「体罰」になる。

まぁ、親による虐待と同じ。

こどもを人間として尊重できれば、上下関係(主従関係)も生まれないし、暴力に発展することもない。

体罰を正当化しようなんて、日本独特だよね…。

それにセクハラと一緒で相手がどう思うかが「線引き」ですから、指導者には勘違いしてほしくない。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

すごいね。これ。。中学の担任は大嫌いだったし、「大人になればわかる」とか言ってたから逆に一生わかってやらん!とその頃から心に決めて同級会とかで見かけても一切近づかなかった(旦那様は誰かわかるかと)。でも、理不尽なだけで暴力とかではなかったし。私この女の先生だったら職員室に直訴してたかも。

Re: No title

直訴…あんまり頼りになる先生がいなくて考え付かなかったね(笑)
もともとヤンチャな子が多い田舎の中学だし、学校は生徒をいかに押さえつけるか必死だったからね。
Mが悪いんだろ、で終了しそうな感じでした。

私の中では先生より先輩の方が100倍ヤバくて、事あるごとにいじめられてたから、先生は二の次だった(笑)
中学時代はこんな悲惨な光景も目にしたけど、基本的に授業は天国、放課後は地獄でした。


> すごいね。これ。。中学の担任は大嫌いだったし、「大人になればわかる」とか言ってたから逆に一生わかってやらん!とその頃から心に決めて同級会とかで見かけても一切近づかなかった(旦那様は誰かわかるかと)。でも、理不尽なだけで暴力とかではなかったし。私この女の先生だったら職員室に直訴してたかも。
プロフィール

koalamok

Author:koalamok
2007年正職員を辞め、シドニーで主婦生活、第一子出産。帰国後は福岡へ。2011年震災前に福島で里帰り&第2子出産。2012年より京都に転居し、2014年に第3子をもうけ、2015年独学で保育士資格取得後に保育士勤務開始。3年目になりました。まだまだ経験足りません(涙)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
原発・核のない社会を!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
リンク
QRコード♪
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。