コアラのハンモック
2017年 子育て経験を少しずつキャリアに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
待機児童5年でゼロ・・・
首相が「待機児童5年でゼロ」なんて大きな目標を掲げましたね。
で、次に何を仰るのかと思いきや、「育休3年に延長を要請」。

がくっ…。

そこ行く?そういう方向に行く?

それって、保育園への入所希望を減少させて→待機児童を目減りさせる方策?

その猶予時間の間に、保育園を増設させて…って、何の解決にもならん。

3年延ばしていても、また女性は子供を産んで産休は出るんですよ。

待ってて、って言われても、子供の成長は待ったなしなんですよ。0歳で足踏みするわけじゃないんですよ。

企業側にお願いするとしたら、社内託児施設を創設する、認可外保育園入所に対して補助金を出す、育休明け女性社員のパートナーが社内にいる場合には、パートナーの時短勤務を許可する、社外でも可能な職務については週〇回を限度に自宅勤務を許可する、などなど「育休からの復帰を促す」ための労働環境の改善を要請するべきでしょう。

何で世界の「女性の労働力活用」の方向からどんどん置いて行かれるような、誰のためだかわからない方策を打ち出すのか…謎。

というのも、安倍さん自身が専業主婦のお母さんに育てられた坊ちゃんだからなのでは?とか考えてしまいます。
だとしても、政党として、働くママさんもいるでしょうに、今更「育休3年」を普及させようというのは、なんだかなぁ~。

一方で、雇用問題で「労働力の流動性」を高めるという方針もあるようですが、女性の労働力を3年間も!!!停滞させようとしているって、矛盾してる~。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://koalamok.blog59.fc2.com/tb.php/2067-d9209a0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。