コアラのハンモック
2017年 子育て経験を少しずつキャリアに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
癇癪のはじまり
楽しい観光の後はやっぱり育児の「しっぺ返し」が付き物。
ですよね~!
まぁ、保育園に行ってあれだけ「まとも」に生活しているわけですから反動も覚悟しております…。

14日の夜、まずはまゆさん。
パパがまだ起きている時間帯だったので、爆弾処理はパパに丸投げしました(笑)
いきなり泣いて起き出し、わんわん!号泣。
「なに?トイレ?行ってきなよ!!」と促すと、どうやら「うんち」を大量にパンツにしていた模様。
そのまま、シャワー直行。
パパの爆弾処理。

オムツが外れて早2年半以上。5歳の誕生日を前にうんこを漏らすとは。
出ないよりいいけどさ。5歳になったら、ちゃんと起きてトイレ行こうぜ。


そして、真夜中にミッキー(午前3時)。
目を覚ましたミッキー、数日前から耳の付け根が切れて痛そう&かゆそうにしてました。
夜も暑かったので、他もかゆかったらしく…ぎゃん泣きを始めました。

例によってお腹でも空いたかな?と飲み物や食べ物で機嫌を取ろうとしましたが、「あかん!」の一点張り。
言っていることが伝わらない悲しさ、いらだちMAXで怒る、怒る。
「あかーん!あかーん!」と声がかれるまで泣き続ける。
これが10分くらい続いた後、パパが起きてきて、「どこか痛いんじゃないの??」と耳を保冷剤で冷やし始めました。すると、ぱったり泣きやみ、急に静かに。

痛かったとしたら、まだ痛みが取れたわけでもないのに、泣きやんだ。
なんだ????
自分の辛さに共感してもらったら止まるのか?
止まり方が…謎。

そのまま何を飲むでもなく、再び布団に戻ることができました。

なんだか2歳児特有の主張が始まったみたい。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://koalamok.blog59.fc2.com/tb.php/2092-b7f92663
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。