コアラのハンモック
2017年 子育て経験を少しずつキャリアに
減災意識
昨日の朝、台風が去って、ゴミを出そうと外に出ると、虹が見えた。
なんだかとっても久しぶりに虹を見た♡と思って、いいことありそう!?なんて浮かれてた。

家がちょっと完全に掃除できていない以外はやることやったし、まゆさんの医療費申請に区役所でもーと。

何気に談話コーナーのTVを見たら、伊豆大島の街ががれき土砂に埋まって大変な被害になっていることを知る。

どうした?東京ではあまり被害が出ずに済んだような感じだったけど??

「10年に一度」という表現で注意喚起し、台風の進路もある程度わかっていて、雨量予測もあった。

昨夜のNHKでは、「暗くなる前に準備を」というようなことをキャスターが行ってた。
つまり、「避難するなら、今のうちにしましょう」ってことだよね。
ぶっちゃけ、そのくらい具体的に注意を促してもいいかもしれない。
以前と違って、雨・風が強くなる時間を時系列で、エリア別にわかりやすく解説していたし。
数時間前の行動は取れるのだ。

大島町長の会見を見て、ちょっと不思議に思った。
この人、なんか危機感足りない印象。

すると、夜中に目が覚めてネットで見てたら、「町長・副町長不在だった」と。やっぱり…。
実際に豪雨に遭ってないから、現場の危機感が共有されておらず、適切な(早め早めの)指示に向かなかったんだなと思った。

もちろん、今回のような大規模に起こる土石流を予想できる、できないとか、町長の判断ミスだ!などと責めるつもりはないが、人間、「言葉にしないと伝わらない」のだ。

「夜中だから…」って言う言い訳ね。ちょっともうアウトだね。
夜中の避難が困難なのは、わかっている。だからこそ、夜中になる前に避難を呼びかけるんだよ。
それが教訓を生かすということ!!

「被害実態」を逐次無線で伝えるならば、「避難を検討してください」「避難できる方から自主的に判断して下さい」でもなんでもいいの。

津波のときもそう。
「逃げよう!」って一番先に言った人に、みんな付いていくんだよ。
無線放送こそ、「早めに避難を心がけましょう」って、危機感を煽る言葉を伝えてほしかったな。

何もなかったら、それでいいじゃん。
ここまで情報出ていて、実際、大雨降っているのに、寝ている間に流されちゃうなんてことは悲しすぎます。

こんなこと、大震災からの教訓じゃん。
それを生かさないなんて、ちょっと危機意識が低すぎるよ、リーダーさん。

一方、数日前、巨大サイクロンに見舞われたインド東部では、大規模避難が功を奏し、減災に成功している。
インドにできて、なぜ日本にできない??

CNN記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://koalamok.blog59.fc2.com/tb.php/2226-565f4250
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック