スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちも!?ふるやのもり

金曜日の夜、とっても激しい雷雨に見舞われた…。
爆撃機でも来てるんじゃないか?と思うくらいの閃光と雷鳴の連続。
お天気レーダー真っ赤っ赤。

こんだけひどい雷は日本でもかつて東京で1~2回、福岡で1回、京都で毎年1回くらい?しか経験したことないな。

で、日本では経験したことない…雨漏りまで(笑)
しかも今日も結構雨が降っているので、現在進行中。。。

児童書に「ふるやのもり」って話があります。
家に潜んでいた狼とどろぼうが、その家の夫婦の話を聞いてます。
「ここで一番恐ろしいものって何だろうね?」「それはふるやのもりだねー」って会話。
雨が降り出し、家人が「あっ!ふるやのもりだ!!」と言ったら、どろぼうも狼も大慌て。
だけど、「ふるやのもり」って、「古家の雨漏り」であって、「怖い」違い。

そんな「雨漏り」はパパのベットルームの天井(天窓)から起きています。
プラケース置いて、ポタッポタッ…ってね。

物価が高くて、どこの物件も家賃は高いし。
今借りている家も大台は超えると思う…けど、この国の一軒家って、古いのよね。
日本みたいにしょっちゅう建て替えるようなことをしていないから、内側だけ改装して転売し続ける。
この家もよーく見ると、あちこちヒビ入ってる。たぶん、塗装したらわからなくなっちゃうんだろうけど。
日本のような地震が来たら、耐えられない家なんだろうと思う。

採光するために作られたであろう「天窓」だけど、日本のようにしっかりとしたサッシでできてる感じじゃない。
ああ…こんなに雨が降るのは珍しいので、普段は困らないんでしょうけどね。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

いや~ブログ読んでると知り合いの方達がたくさんいて、心強いねぇ。
私が旅行行くのとははるかに違うねぇ。まゆちゃんミッキーにとっても凄くいい経験だよねぇ(*^^*)

Re: 快晴ママさん

そうね~家族的な付き合いは同僚の若手研究者と紅緒さん繋がりの日本人ママフレンズくらいだけどね。
なんかなかなか旅行気分♪には浸れないね~めっちゃ生活臭ありあり。

> いや~ブログ読んでると知り合いの方達がたくさんいて、心強いねぇ。
> 私が旅行行くのとははるかに違うねぇ。まゆちゃんミッキーにとっても凄くいい経験だよねぇ(*^^*)

No title

ふるやのもり、懐かしい。

うちも雨漏りするけど、普段は関係ないので放置。防水塗料を屋根に塗るよりも、2階に部屋を一気に作ってしまいたい。この前、偶然カメラを置いた場所が雨漏りする場所で、危うくカメラが故障するところだった。

そうなんだよね、こっちもようやく最近の建物にサッシが付き始めたくらい。日本の家は本当に快適にできてるよね。

Re: No title

前から知ってた?前からあったと思うけど、怖い話のイメージだった。
オチは全然怖くない。絵が怖いよね…。

壁を伝っているだろう水分のせいで、壁の塗装が浮いて来てる…。
ペコペコしてる。
でも、この国、雨が降らな過ぎるので、やっぱりたまにはどかっと降った方が森林火災防止になると思う。

屋根裏の部屋に行ったら、天窓がちゃんとサッシになってた。
パパの部屋のところは2階がなくて、直で雨なんだよね。

ちなみに私(と、子供たちが一緒)のベットルームは天井なので、全く問題なし。
けど、昼間も陽があまり入らない。暗いし、なんかじめっとしているかも?

> ふるやのもり、懐かしい。
>
> うちも雨漏りするけど、普段は関係ないので放置。防水塗料を屋根に塗るよりも、2階に部屋を一気に作ってしまいたい。この前、偶然カメラを置いた場所が雨漏りする場所で、危うくカメラが故障するところだった。
>
> そうなんだよね、こっちもようやく最近の建物にサッシが付き始めたくらい。日本の家は本当に快適にできてるよね。
プロフィール

koalamok

Author:koalamok
2007年正職員を辞め、シドニーで主婦生活、第一子出産。帰国後は福岡へ。2011年震災前に福島で里帰り&第2子出産。2012年より京都に転居し、2014年に第3子をもうけ、2015年独学で保育士資格取得後に保育士勤務開始。3年目になりました。まだまだ経験足りません(涙)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
原発・核のない社会を!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
リンク
QRコード♪
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。