コアラのハンモック
2017年 子育て経験を少しずつキャリアに
風邪からやや復活。
やっぱり土日にちょっと…っていうか、日曜日だね、ハードだったのは。
帰りも遅かったし、月曜日からミッキー鼻水たらり。
それを眺めていたまゆさん、火曜日の夜に夜泣き。
最後に水曜日に私が、昼間街ブラしているときから鼻の奥に異変…。

月曜日・火曜日とゆっくり静養したつもりだったが、風邪をひいてしまい、水曜日からの2日間は身体はだるいし、鼻は出まくるし(花粉症ピークのような)、鼻とのどに熱がこもった感じだし…。

しばらく葛根湯、しょうがはちみつ紅茶、りんご、ビタミンC剤で何とか乗り切ろうとしました。

けど、週末にかかるし、先行のミッキーは咳が出始めたし、ミッキー妊娠中のときのような副鼻腔炎にまでなったら、耐えられないので…念のため、旅行保険でキャッシュレスのGPに。

「妊娠にかかる病気・入院・手術等」はカバーしませんが、一般的な体調不良とケガはOKです。

これまでの人生で大学生のときから何度となく加入してきた「海外旅行保険」ですが、一度も使うことはありませんでした。一度、タイで私立病院にかかりましたが、費用が安すぎて…請求するにも手続きが面倒でやめました。
(確か治療費・薬代込みで340B=1000円くらい。当地の人にとっては当時、日給以上くらいの値段)

毎回、旅行先が「キャッシュレス」だの「指定病院」だのから外れた国や地域のため、まず自腹支払い…になる。
幸い、大きな病気や事故にも出くわさず、利用しないで済みました。

シドニーのキャッシュレスGPはほとんど日本語OKの日本人医師がいるクリニック。
今回は一番老舗(笑)のDr.バードのところにお世話になりました。
無口だとか、愛想がないとか評判を聞き、全くその通りではありますが、想像以上に紳士な方でした。

お薬はさすがに実費払いかと思ったら、すぐ近くの薬局でキャッシュレスでもらえました。
妊婦にもOKのセフェム系抗生剤。
この風邪がひどくなったり、また(ないとは思うが)別の酷い風邪にかかることがあれば、飲もう。
けど、抗生剤飲むと怖いのが…お下の感染症。
ミッキーのときに、妊娠後期でかなり厄介な想いをしたので、よほど眠れないくらいひどい風邪にならない限り飲まないけどね。「病院に行かなくてもいいお守り」です。

あと残すところ3週間、体調がいいままであることを祈る。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://koalamok.blog59.fc2.com/tb.php/2280-723ad43e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック