コアラのハンモック
2017年 子育て経験を少しずつキャリアに
悲しいニュースを見るたびに
先日の報道で某虐待事件のニュースがあった。
言葉も話せる年頃になって、ママに置いてかれて、パパにごはんももらえなくて、最後の命の綱も断ち切られて死んでいった子供・・・社会から見えないところで起こっている事件の数々。

それに、見ず知らずの男の誘拐・殺害事件の数々。

虐待事件の真相を知るたびに、やるせない気持ちになり・・・けれど、自分にできることはなく、ただ、私は目の前にある自分の子を大事に育てることしかできないと思う。
もし、落とした命に意味があると考えるなら、こうやって、一人一人が目の前の子どもを真剣に育てなくちゃと気持ちを強くすること、それしかないだろうと思う。そうすれば、やがて育った子供たちが、そんな事件を起こさない人間に育つだろう。

誘拐事件に関していえば、とにかく、殊、女の子には自分が傍からどう見られているか、よく考えて行動するように教えなくちゃいけない。「変なおじさんには注意」じゃない。「おかしなことを言うお兄さんにも注意」だし。ママのことを引き合いに出して連れ去ろうとするかもしれないし、あらゆるリスクを子供と一緒に話合っておいた方がいい。

親も、子供が人気のない場所を通るときにはどのように行動すべきか、エリアによっては、本当にGPS付けてもいいくらい。通学路に監視カメラをもっと設置するとか。やれることはあるはず。今は都会より田舎が怖い。

シドニーでみんな親と登下校しているのを見ているせいか、日本の安全神話というか・・・子供の一人行動が心配でならない・・・。田舎でよくある集団登下校はとくに下校時はありかなと思う。最後の1人になる地点には親が迎えに出るとかね。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://koalamok.blog59.fc2.com/tb.php/2364-91276142
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック