コアラのハンモック
2017年 子育て経験を少しずつキャリアに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家庭環境について考える
今週は3日ほど子供たちが預かり保育に行っています@幼稚園。
昨年は通常保育と同じ時間帯で1200円で、延長あり1700円でしたが、今年は朝~夕のまとまった時間帯で2000円という設定でした。うちは2人だから、一日4000円もかけている計算です・・・。
最初の案内は捨てちゃおうと思うくらいに「高い!」と吐き捨てましたが、しばらく過ぎて、「ってか子供の世話で試験勉強できないのはまじずい」と思い、試験前までの3日間(一日おき)で預けることに。スクーリングせずに受験するわけだから、これくらいの投資はしょうがない。おまけに子供たちも園で思いっきり遊んだ方が健全だ。

さて、数日前から世間を騒がす大事件。
その恐ろしさ、悲しさもさることながら、こうした少年犯罪の背景に決まって存在しているのが、両親との関係の希薄さ、希薄というか、子供が怖くて引き離し、孤独にさせておいて、自分の体裁は守るという身勝手な大人のやり方。
それまでに何度も何度も子供の方はシグナルを送っているのに、まともに向き合っていないために、問題が静かにエスカレートしているように見える。
更生のチャンスはあったのに。

それぞれの人生がめちゃくちゃになり、周りの子供たちも悪影響を受け、「教訓」なんかじゃ収まらない、忘れがたい心の傷を負う。なぜ、早くに自立支援施設を利用できなかったのだろう??と思う。

ちょうどこうした精神障害や心理学、また養護施設関連の勉強をしているところ。
養護施設の多くは「家庭から」子供たちが送りこまれてくるのが現状。
結局、外にはわからない。家庭で起こっていることをきちんと受け止めて、必要なことに手立てを求める親がいなければ、子供たちも救われようがない。
虐待もそう。自分が追い込まれる状況なら、子供も自分も守るために、外に手助けを求めないと。
ストレスとうまく付き合い、うまく解消していかないと、人によっては飛んでもない方向にエネルギーが使われてしまうってこと・・・心が壊れないよう。人を傷つけないようにコントロールしないと。人を守ること、自分を守ること。

うまく言えないんだけど、皆、それぞれにいろんな困難があるとき、それを乗り越える方法、教育現場で教えることはできないんだろうか??そこに学生と一緒に親がいてもいいと思うし。授業参観なんかじゃなくて、一緒に考える機会を作ったらいいんじゃないの。
命の大切さは頭では十分わかってる。
できないのは心のコントロールじゃないのか。
心のコントロールができないときこそ、一番大切なものを壊そうとするんじゃないのか??

普段、主婦やってて、なんだかな~こんなんでいいのかなと思うことが多々あるんだけど。
家に居ようが、居まいが、大事なことって、親として子供を絶対に見捨てない、可能性を信じ切ることが一番大事なことなんだと。家庭環境と一言で言ってしまうと、条件みたいな感じになるけど、条件じゃなくて。
ただただ、子供が心地良いと思う形の愛情なんだろうね。

スポンサーサイト
コメント
コメント
No title
うちの園のベテラン先生曰く≪乗り越える力≫って失敗の経験をさせ、それからどう立ち直るかを子供の時に学ばせることでつくらしい。
だからできるできないにかかわらず幼少期にいろいろ経験させることって大切なんだって。
教育現場ではもちろん、家庭でね。
これだけは言葉で教えることができませんって。

過保護でもダメだし、無関心でもダメだし子育てって難しいよね。
親が向き合って悩む姿勢を見せるだけでも、子供の成長には有効だと思うよ。

そうそう。保育士試験。
うちの弟も受けたいって言ってたんだけど、調べたら降格者10%とすっごく狭い門なんだって??
知的障害(軽度だけど)がある弟には無理だろうなぁ。
2014/08/02(土) 01:29:51 | URL | あさゆうママ #- [ 編集 ]
No title
同感するところがいっぱい。そして、自らにいい聞かせたくなるところもいっぱい。
2014/08/02(土) 04:15:57 | URL | じん #BxQFZbuQ [ 編集 ]
Re: No title
小さいうちであれば、あまり自分の失敗を神経質に捉えたりしないよね。
だから、小学校低学年あたりまでの経験って大事だと思う。

あと、ダメなものはダメって、譲らないところね。
やたら厳しくするのも、抑圧で逆効果だけれども。

そうそう。どんな小さな悩みでも、本人が納得するまで聞いてあげるのは大事だと思う。
一緒に考えようって、そばにいてくれる人がいるだけで、たとえ完全にクリアにならなくても、自分の中で消化することができると思う。コンプレックスと向き合うときとかね。

保育士試験、筆記と実技と両方受かるまでは合格率低いんだけど、実技はかなり合格率高いらしい。
なので、毎年毎年筆記受けて、3年とか4年とかかけて全科目クリアできればいいんじゃないの??
それ相応の大学に行けば、一部教科が免除になるけど、その時間とお金が…ばかにならない。

シドニーのママ友に、「義母が勉強して資格取って、家庭的保育室をオープンした」って言ってた。
それこそ50歳過ぎの人がやってのけるんだから、弟さんだって、資格取得はやればできるよ!!

> うちの園のベテラン先生曰く≪乗り越える力≫って失敗の経験をさせ、それからどう立ち直るかを子供の時に学ばせることでつくらしい。
> だからできるできないにかかわらず幼少期にいろいろ経験させることって大切なんだって。
> 教育現場ではもちろん、家庭でね。
> これだけは言葉で教えることができませんって。
>
> 過保護でもダメだし、無関心でもダメだし子育てって難しいよね。
> 親が向き合って悩む姿勢を見せるだけでも、子供の成長には有効だと思うよ。
>
> そうそう。保育士試験。
> うちの弟も受けたいって言ってたんだけど、調べたら降格者10%とすっごく狭い門なんだって??
> 知的障害(軽度だけど)がある弟には無理だろうなぁ。
2014/08/09(土) 18:17:45 | URL | koalamok #- [ 編集 ]
Re: No title
こういう事件を聞くと、親としての責任を痛切に感じるんだけど。
その後にいろいろ家庭の複雑な状況と非常識な親の行動を知るにつけ、「普通に常識的な暮らしの中で子どもを育てたら、こんな風にはならないか…」とも思った。

思春期とかに入っても、いろんなテーマで家族で会話して、子供の考えていること、親の価値観を共有できていれば、子供の「???」な状況にも早く気付けると思う。
会話できる親子になろー♡

> 同感するところがいっぱい。そして、自らにいい聞かせたくなるところもいっぱい。
2014/08/09(土) 18:20:42 | URL | koalamok #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://koalamok.blog59.fc2.com/tb.php/2380-008718b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。