FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月5日断乳決行!

昨日はAKB総選挙でしたね。
総選挙どうこうよりも、福岡開催ってことでTV付けていました。
ああ、福岡行きたい。
世界の住みたいまち10位に入っていた福岡、すばらしい!
豊かな自然、海も山も温泉もあり、エンターテイメントあり。
黄砂がなければ、パーフェクト(笑)

それは良いとして、本題。(長いのでご注意ください!)
8月の保育士試験があり、今年こそ絶対に取りたいので、その前に卒乳を。
ところが桶谷式@京都的には、祇園祭(7月初旬)より前というのが理想の時期らしく。
しかし、7月になると夫は出張に行くので、これも難しく。

そんな訳で、いろんな言い訳付けて、6月初旬に断乳することに。
桶谷式での初断乳。卒乳ではなく、まさに断乳。
3時間おきのフル回転授乳からいきなりストップをかけています。
考えるだけで、親も子も恐ろしい目に遭いそうな方法に恐々としておりました。
断乳のスタートを切るにあたり、おっぱいに絵を描くのも初めての経験でした。

金曜日、昼から断乳を始めましたが、風呂上がりの授乳は牛乳でごまかしてそのまま寝せたものの、夜中はやはりおっぱい!!
となり、0時半から大号泣。
パパもこんなかわいそうな断乳は初めてなので、なんでこんなやり方を(怒)、、、と反発したせいで、夫婦げんかも勃発。
それでなくても、生後から母乳で悩みながら、なんとかここまでやってきて、一つの経験として桶田式のやり方もやっておこうと決めたというのに、なぜこのタイミングで、自分の決断に反抗する男を相手にしなければならないのか。
いろんな気持ちがわかる女子ならまだしも、相手が悪すぎる。
最悪な状況に、、、あとはご想像にお任せします(笑)

子どもの方が賢くて、しばらく大号泣の後は眠くなったのか、パパの添い寝でなんとか就寝。
その後も3時前と4時過ぎと2回起きたのですが、4時におにぎり一口あげた以外は案外泣かずに済みました。

後は自分の張った胸との戦い。忍耐とケア。
桶谷式では2日後にしぼり、その後さらに間隔を空けてしぼり、1週間後にしぼりをするらしいですが、私はトラブル続きなので、変則的に翌日にしぼり、3日後にしぼりの予定。その後の間隔は状況次第。
通っている間、いろんなママさんのおっぱいを見ていますが、私ほど小さい人はまずいないので(笑)
キャパの小さい私は回数は少なくて済む、と言われています(泣き?)

そうは言っても、これまでしごいて無理矢理出してきた母乳なので、相当出やすくはなっています。
おかげで昨日はごりごり。一旦絞ったせいで、良い感じに張り直し、今もガチガチにならないように様子を見ながら少しだけ絞っています。(第一子を出産して以来の、冷えピタ登場です。母乳の出始めが痛くて冷えピタを張りまくった時期がありました。。。)

少しだけ絞る理由は、あくまでプロの絞りに備えるためです。
その間、抱っこは極力しない。胸をいためないように生活するのが基本なので、、、正直、旦那さんの協力が得られないご家庭ではママのストレスが半端ないと思います。
こんな私でさえ、初めての経験で昨夜と今朝とポチッとじんましんが出てきているくらいです。
(久しぶりに出ました。)

まだ途中経過ですが、なるほど、止めるために出をよくしておく(詰まりを解消しておく)という理由がわかった気がします。
桶谷式の方法は母乳の開始を逆回しして、母乳を終わらせる方法なのだと。
(母乳というのは、出産と同時に短期間でスタートさせ、それ故に痛みも伴うのですが、この断乳もかなり突然なので痛みも伴うのですが、短期間で胸を何もなかった状態にスローダウンさせる方法なんだな、と)

良きにしろ悪きにしろ、母乳育児といえば、話題になる桶谷式が実際はどんなものであるか。
これはやってみねば、わかりようがない。
噂の真相は自分で確かめるしかない(笑)

やれやれ、ここまでして何でその方法で?と思われるかもしれませんが、自分が理解して大きく間違った方法ではない限り、
どんな方法でも試しておきたい。
だって、3人目が最後だもん。。。
本当にその一言に尽きます(笑)
育児というのは最善というのが結局わからない。だからこそ、いろいろ試す。
試すこと、さまざまな経験をすることこそ、醍醐味じゃない??
今回の夫婦げんかも一つのエプソードとして、思い出に変わるのです。
(ちなみに、助産師さんが、断乳に際し夫婦げんかも皆さんやっておられますよ。子ども目線のパパなら、良いパパじゃないですか!だって。)

さて、2晩目のもとぷーはなんと!!人生初、夜からスルーで朝まで寝てくれていますよ。
(私が自分のケアのために付けていた4時のアラームで一瞬起こしてしまいました。大失態!!)





スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

koalamok

Author:koalamok
2007年正職員を辞め、シドニーで主婦生活、第一子出産。帰国後は福岡へ。2011年震災前に福島で里帰り&第2子出産。2012年より京都に転居し、2014年に第3子をもうけ、2015年独学で保育士資格取得後に保育士勤務開始。3年目になりました。まだまだ経験足りません(涙)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
原発・核のない社会を!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
リンク
QRコード♪
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。